Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Milk[弥勒]の公式Websiteが出来ました!ブラウザにmilk.okinawaと打ち込んでくださいネ♪
★LIVE★
■12月4日(水)溝の口 FU-KUライブ「年忘れの宴」
飲み放題付創作コース料理が大評判のFU-KUの投げ銭ライブ。
1部はしっとり、2部は年忘れ大宴会だぁ~!!プレセント交換も
19:00開店 19:45 1部スタート 21:00 2部スタート
参加費(予定) 5000円+プレセント(予算500円ね)
ミュージックチャージはありませんが投げ銭でよろしくおねがいします!!
■12月14日(土)沖縄・辺野古につながる自然と生きる
スライド&トーク 今泉真也(写真家・映像作家)+Milk[弥勒]のライブ

会場 文京区民センター2階 2A会議室
時間 13:30開場 14:00スタート(予約不要 直接会場へ)資料代 500円
共催 沖縄戦首都圏の会・沖縄平和ネットワーク首都圏の会
※12月15日(日)今泉真也写真展+Mother上映+トークショー+牧瀬茜ダンス+Milk[弥勒]Liveは都合により中止となりました。
■2020年2月20日(木)小岩 こだま Milk[弥勒]LIVE!
時間 開店 17:00 1部19:30~ 2部 20:30~( 2部入替え無)
会場 沖縄料理 こだま 〒133-0056 江戸川区南小岩7-27-16桂昇南小岩ビル2F(小岩駅徒歩3分)
チャージ 1500円

第14回目となったFU-KUライブは年忘れの大宴会。
ご来場の皆様には沢山盛り上げていただきありがとうございました。
今回で第14回を迎えるFU-KUのライブ、相変わらずの凝った食材を使った美味しいコース料理でした。今回はついにどこにも料理に沖縄の要素が無かったという。(笑)
そして今回は大好きな写真家の中村征夫さんと奥様が来てくださり、一年を締めくくる年忘れの宴は大いに盛り上がりました。
IMG_20191204_223905
この日は、新曲「うみへかえりたい」の披露や八重山アレンジ「あんぱるぬみだがーま」アレンジ完成形も披露。
みんなで歌おうコーナーでは山下達郎の「クリスマス・イヴ」を全員で気持ちよく歌い・・プレゼント会とか盛りだくさんでしたが一年を締めくくる宴会となりました!
ありがとうございました!!!
img
また、幹事とたみんのリクエスト、足ティビチの女ではMilk[弥勒]伴奏、唄とたみん、ド演歌の必需楽器ヴィブラスラップを楽しそうに操る征夫さん。
完全に持っていかれました。(笑)
img
そしてそして首里城再建支援募金と、この日よりスタートした「チョコ募金」も皆様の温かい気持ちをいっぱいいただき・・嬉しかったです。
そして、チョコ募金の缶と同じデザインの手作りクッキー!!
芸術の域に達しているクッキー・ケーキ に毎回驚かされます。
ありがとうございました❣ 大感謝!

<セットリスト>
1部
世乞い唄 映像
安里屋ぬジラバ~ユンタ
うみにかえりたい(新曲)
海は命の宝物(映像)
赤田首里殿内
ヒヤミカチ
あんぱるぬみだがま

2部
魚湧く海
足ティビチの女とたみん唄+ヴィブラスラッパー征夫)
祝い節~めでたい節
クリスマスイブ(歌声酒場)~プレゼント企画
猫小
みるくのテーマ(踊り)
かちゃーしー (踊り)

鳩間の港(Enc)


この夜、幸せな気持ちで終電で帰る電車の中。
奇しくも尊敬する中村哲医師がアフガニスタンで狙撃され亡くなってしまわれたとのニュースが飛び込み、この夜の幸せな気持ちから一転した衝撃・・。
この衝撃は何日かたった今でもなかなか言葉で上手く言えず歯がゆいです。
この件も書き記しておかなくてはと思います。

「武器より命の水を」と、戦争で瓦礫の荒野と砂漠になってしまったアフガンの大地を井戸や灌漑をし農地を作り生活支援、医療支援を行った中村医師。
現地の人たちからは「神様」と言われ、タリバンでもまっさきに「我々はありえない」と声明を出しています。真相はまだ闇の中。
なぜ?誰が?
平和を望まないものは平和を強く望むものを攻撃します。
この攻撃に屈することなく中村医師の遺志をつなげていく世の中になればいいなと願っています。

チョコレート募金も中村医師と同じく鎌田實医師がイラクで始めた医療支援。
平和は武器ではなくこうした地道な活動から作られると信じています。
募金することで平和への小さな一歩を作っていきたい。
どうぞ、チョコ募金をよろしくお願いいたします!

2019年は沖縄にとって悲しく苦しい事が多い年でした。
まず辺野古の宝石箱のような珊瑚の海の埋め立てが始まってしまいました・・・
さらに最後の3頭のうちの一頭のジュゴンが死体となって見れたのを最後に一頭も確認されず絶滅したのか?という状況になってしまったことに加え・・・
先月は首里城焼失という非常にショッキングな出来事が・・・

琉球王国の象徴としてあの場所に守礼門だけ建っていた時から、特別の思いがあった場所。
戦争で跡形もなく消失してからの再建とはいえ、その琉球の技と文化を再現しようとする様々な分野の専門家たちのたゆまぬ情熱と知恵と努力で少しづつ出来上がった首里城。
そして今年やっと御内原まで完成し、近々行きたいと思っていた矢先の出来事です。
しばらくは首里城ロスで気持ちが沈んでおりましたが、ヒヤミカチだ!!
また再び何としても再建して欲しいものだと願ってます。

再建費用は200億円以上と言われておりますが、保険金が(たぶん)60億くらい、今現在ふるさと納税と那覇市募金を合わせて約7億6500万円(11/22現在)、それに国がいくら出すかまだ未定ですが(当初60億と言っていましたが)原材料の入手の困難さや継承する技術者の減少、人件費の高騰など考えるとまだまだお金は足りないんじゃないかと思います。
もちろんワタクシ達も我が家の枠いっぱいのふるさと納税とともに、別途那覇市への首里城再建募金を個人的にもしていきます。

Milk[弥勒]としても首里城再建ステッカー募金をしよう!と思い立ちこんなステッカーを作りました。(丸い型抜きステッカーです。)

Collage 2019-11-22 16_44_55
100円以上寄付してくださった方に、Milk[弥勒]ステッカーを差し上げます!!
どうぞ、よろしくお願いいたします~m(_ _)m
こちらでお預かりしたお金は那覇市の首里城再建募金に募金いたします。

それと・・

毎年この時期から始めるチョコ募金
湾岸戦争の劣化ウラン弾使用により増加した小児がん患者への治療支援より始まった活動ですが、中東地域の紛争による子どもたちへの被害は増え続け、継続的な支援が必用になっております。
EJYKStfUwAAoyaT
チョコ 一缶 550円、4缶セット2200円
ポストカードセット 4枚300円

チョコ募金は主にこちらの用途に使われております。
★イラク小児がん医療支援
 イラクの5つの小児病院への薬代などの支援・看護師研修など
★JIM-NETハウス(小児がん総合支援施設)の運営
 患者やサバイバーの教育支援・心理ケア・家族の宿泊場所の提供など
★シリア難民支援
 妊産婦支援(イラク国内の難民キャンプへの超音波医師の派遣)・女性たちのクラフトワークショップなど
★福島支援
 福島の子どもたちを放射能から守る活動(保養や検診など)の支援
チョコ募金は本当にありがたいことに毎年皆様にたくさんご協力をいただき感謝しております。
今年もまた、首里城再建支援のステッカー募金と合わせて、どうぞよろしくお願いいたします。

11月10日(日)は豊洲で行われたイベント「湾岸祭り 2019」に初出場いたしました!!
実はワタクシの地元なんです。嬉しいです。
会場では江東区の地ビールとか深川めしとか食べ物もとっても美味しかったのですが、食い気が先に来てしまって写真ありません

今年は毎週末雨に祟られることが多く野外のイベントが中止になってしまったりということもありましたが、この日は暑いくらいの快晴!!海風が気持ち良いです。
W500Q75_20191110湾岸まつり_191111_0009
先月は生きているうちに会うか会わないかぐらいの規模の台風と言われた台風19号もありましたが、なんと言っても首里城の焼失というワタクシにとってはショックでマブイが落ちてしまった事件もあり、なにかと元気が出ませんでしたがこの陽気とご来場の皆様に元気をいただきました。
ありがとうございますっ!
急遽セットリストを焼失の翌日に首里城祭りで歌われるはずだった「赤田首里殿内」入れました。首里のお膝元の赤田の地にみるく様をお迎えしましょう、という歌です。
いつの日か必ずあの首里城の姿を、また一から再建へ向けてヒヤミカチだ!!
という思いもあらたに歌わせていただきました。
W500Q75_20191110湾岸まつり_191111_0003
<セットリスト>
豊年の歌
赤田首里殿内
ヒヤミカチ
海は命の宝物
カチャーシー

👇なんだかMilk[弥勒]には似合わない都会の風景をバックのおまけ写真
W500Q75_20191110湾岸まつり_191111_0001

10月17日はMilk[弥勒]初登場の小岩 こだまでのLiveでした!
W550Q100_20191017こだまファーストライブ_191018_0028
今回はMilk[弥勒]の二人とサポートエリさんの3人での初こだまでしたが、沢山の方に来ていただき皆さまに盛り上げていただき感謝感激です。
一流アーチストも歌う初こだま、最初はちょっと緊張していたのですが、さすが音響もとっても気持ちよく、社長さんもとても暖かく、そして何よりも来ていただいた皆さまのおかげでとてもリラックスして演奏出来ました。
ほんとにほんとにありがとうございました!!!
Collage 2019-10-20 01_50_11
多くの河川が氾濫し大きな爪痕を残した何十年に一度という大きな台風19号が過ぎ去りました。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧をお祈りいたします。
ここ「こだま」の立地は江戸川と荒川に囲まれた場所。
私が住む区にも避難勧告が4回も来た台風です。もしかしたらLiveどころではなくなる可能性だってあったので台風当日はほんとに祈るような気持ちでしたが・・
江戸川も荒川もなんとか踏みとどまってくれて・・
・・・・良かったです!!!

1部はMilk[弥勒]のオリジナル曲や八重山、琉球アレンジを中心に演奏しましたが、
この日は、主催いただいた小岩会の山辺さんを始め亥年生まれが多く、さらに古希や喜寿の方もいらっしゃる。
・・ということで2部はMilk[弥勒]流「生年(まりどぅし)の祝」を盛大にやりたかったのです。
新曲「あんぱるぬみだがま」は名蔵アンパルという湿地帯に住む蟹達の「生年祝」の唄で蟹の数だけ宴会の役回りがあるというなんとも楽しい歌。
お客様とのコール&レスポンスや手拍子が上手くいくかドキドキものでしたが、おかげさまで会場の皆さまと楽しく盛大に「生年祝」ができました~~
ご協力、ありがとうございました!!!!

Live終了後の「これからもMilk[弥勒]を応援してね!」というこだま社長のご挨拶も嬉しかったです!!!
ありがとうございました!!!
W550Q100_20191017こだまファーストライブ_191018_0020
<セットリスト>
1部
世乞い唄
ヒヤミカチ
安里屋ぬジラバ~ユンタ
海は命の宝物
No Border
弥勒世果報
中作田~繁盛・とぅまた

2部
うりずんの詩
百歳節
あんぱるぬみだがま
祝い節
与那国ぬ猫小
みるくのテーマ
カチャーシー

Enc
鳩間の港

この週末は東砂福祉園さんと江東区あすなろ作業所さんが主催した「第22回 レインボーフェスタ」に呼んでいただきました。

Collage 2019-10-07 15_55_00_191007035644_191007035711
知的障害を持ってる方、サポートする方、近隣の方達が一体となった一年に一度の楽しいお祭り。素敵な時間でした。
1階から3階まで模擬店やカフェや食堂、オリジナルグッズの販売など賑わってます。
特に、気に入ったのはあすなろ作業所さんが制作するブランド「ニアース!」のオリジナルグッズ!
センスが良くて良心的プライス。
メグさんと二人でアクリルたわしを購入しましたが、Tシャツやアクセも買えばよかった、と後悔。
20191005レインボーフェスタ_191007_0006_191007035800
20191005レインボーフェスタ_191007_0007_191007035811
Milk[弥勒]のステージでは、しーやーぷーも猫小もカチャーシーもすんごく盛り上がってくれて嬉しい〜!
楽しい時間で皆様の元気をわけてもらえましたよ〜
ありがとうございました〜

↑このページのトップヘ