Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Milk[弥勒]の公式Websiteが出来ました!ブラウザにmilk.okinawaと打ち込んでくださいネ♪
★LIVE★
■11月13日(火)目黒ゆがふ投げ銭LIVE
場所:目黒 遊食家 ゆがふ 電話 050-5796-5389
時間:20:00~
出演:Milk[弥勒]、崎山エリ(笛)、篠田正人(島大鼓)
■11月20日(火)溝の口 FU-KU 秋の宴
場所:溝の口 菜酒家 FU-KU
神奈川県川崎市高津区下作延2-4-10 琳和サニーコート1F 050-5868-4749
時間:19:00スタート(Live開始は19:45くらい)
料金:5000円 豪華コース料理と飲み放題 (チャージ無 投げ銭)
■12月5日(水)隠れ家的Bar Ain't No#  OKINAWA BALLAD
時間:20:00スタート
場所:大森 隠れ家的Bar Ain't No#(エイントナンバー)
東京都大田区大森北1-34-14 ツインビル1F(大森駅東口 徒歩5分程度)
予約090-4134-0191
料金:チャージ無 投げ銭
■12月19日(水)川崎 沖縄そばゆんたく めんそーれ Xmas!
久しぶりの815のお二人との2Man!!
場所:川崎 「沖縄そば ゆんたく」
時間:20:00スタート
予約
044-200-8658(ゆんたく) 川崎市川崎区新川通10-3 行き方
料金:未定

Milk[弥勒]は毎年この時期になると「特定非営利活動法人日本イラク医療支援ネットワーク」(長い!以下JIM-Net)が行う「チョコレート募金」を皆様にお願いしています。

JIM-Netは1991湾岸戦争以降、劣化ウラン弾が使用された影響かイラクで白血病などの小児がんが増え、その医療支援のために活動をスタートしたNGOです。
このチョコ募金は、原材料費を除く全ての金額がイラクやシリアの医療支援、難民支援、また福島の子供たちを放射能から守るのため等に使われます。


今年は明日のゆがふLIVEからスタート!!
来年のバレンタインデーくらいまで募金をお願いしています。
今年もどうか皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします!!m(_ _)m
W500Q75_choko
このチョコ募金、六花亭の食べて美味しいチョコが入ったかわいいチョコ缶1つ550円。
4缶セットで2200円。
この缶は毎年ワタクシは携帯用ハンドクリームの容器になったり、ピルケースになったりと楽しく再利用させていただいています。
W500Q75_P2280739
そしてポストカード3枚が300円。

今年のテーマは「戦場に咲く花」
特に何年もイスラム国に苦しんでいたシリアやイラク。
イスラム国衰退とともに最大の拠点「モスル」が開放されて1年あまり。
ここにJIM-NETが入り医療支援活動をはじめました。

しかし、そこは焼け跡と銃痕だらけの瓦礫だけ。
何も植物が見えない中でよく見たらたんぽぽの花だけが一生懸命咲いて次の世代への種を育んでいたそうです。
このタンポポの花をシリア、イラク難民の子供たちが書きました。



・・ということで「戦場に咲く花ータンポポの花」が今年のテーマです。
今年はシリアやイラク難民の子供たちがたんぽぽの花を描いています。
choco_exp_2019
枯れ地にも顔を見せるたんぽぽは、花が枯れても、綿毛となって、
遠くまで種を飛ばし、やがてまた花を咲かせます。
そんなたんぽぽの綿毛のように、チョコ募金にご協力くださる
一人一人の想いが命につながり、平和の種が子どもたちに届くよう、
今回のデザインが完成しました。(Jim-net HPより)
詳しくはコチラを。絵を描いた子供たちの物語なども。
花はやがて柔らかい綿毛に包まれた種子となりいろんな地へと飛んでいきます。
花はこんな過酷な場所にでさえ花を咲かせ次の世代へ希望を託すのですね。

戦争という悲劇がなくなりますように。
子供たちが笑って暮らせる世界になりますように。
私達のできることは小さくても、みんながその強い願いをもっていれば、平和の種子を育てていけるような希望を持っていたいです。

どうか、今年も皆様の温かいハートでチョコ募金をよろしくお願いいたします!!

ゆんたくライブの10月31日。この日はハロウィン当日でした。
ハロウィンって、最近になって急に加熱してきましたね。
川崎はハロウィンが盛んと聞いて覚悟していたけど、想像に反してとても落ち着いていました。
聞けば、週末にハロウィンパレードとしてすでに仮装パレードをやったとのこと。
無政府状態の渋谷に比べ、川崎市は上手にエネルギーを発散させた感じですね。

実はこの日、ドタバタ劇が。
川崎を降りる時、電車の網棚に三線ケースをおいて下車してしまった
という痛恨のミス。ホームで気がついたがもう時すでに遅し。
遺失物にアセアセ駆け込んで、どったんばったん関内駅で無事三線ゲットしましたが、
ボーッと生きてんじゃねーよとチコちゃんに叱られそうなスタート。
こんな日もあるんですねぇ。
自戒のために、ここでカミングアウトしておきます・・・

そんなドタバタはさておき、そもそもハロウィンって何なんだ??
・・と調べたところ、ケルト民族の古くからの行事で、この日に死んだ先祖や友達が年に一回この世によみがえり、現世の私達と一緒に過ごす日という事らしい。

・・・で、あれば私達日本にもお盆があるし、特に沖縄では旧盆の三日間は沖縄本島ではエイサー、そして八重山ではアンガマや獅子舞等、どれもがチムドンドンのご先祖様と一緒に楽しめる行事があるではないですか!

・・ということで急遽、グソ(あの世)からウシュマイを呼んでしましましたよ!

ウシュマイとは。
八重山のお盆のアンガマと呼ばれる行事に登場するおもしろおじぃキャラ。(ちなみにおばぁはンミーと言う)

過去に失くなった先祖であるウシュマイ、ンミーと現世で今を生きる私達。そして未来のまだ見ぬ子孫(ファーマー)達の舞い踊りを見ながらの大宴会を各家を回りながら繰り広げるのです。
先祖からのよみがえりのウシュマイ、ンミーは、家を回り仏壇に線香やお酒を捧げながら、アドリブコントのような珍問答を観客と交わします。
それがまた面白いんですよねー。

ウシュマイの珍問答を紹介しつつ、最後はウシュマイと踊っていただきました!
W500Q75_P2280081
新しいお祭りもいいけれど、自分たちがすでに持っているお祭りを再発見していくのも大事だな~って思います。
ありがとうございました!!
W500Q75_P2280094
この日は、後半戦こそ踊りナンバーでしたが、前半戦はPOPS多めだったかも。
W500Q75_20181031ゆんたく_181101_0018

<セットリスト>
海の声
海は命の宝物
No Border
魚湧く海
えんどうの花
桃里節
イラヨイ月夜浜
豊年の歌
みるくのテーマ
安里屋ユンタ
波照間小唄
カチャーシー

Enc
与那国ぬ猫小
鳩間の港

東中野の驢馬駱駝。
ご来場本当にありがとうございました!!

今回は「豊穣の祈り」と第して、五穀豊穣を祈り、子どもたちに渡せる未来が弥勒世をみんなで祈って招きたい。
そんなテーマでやらせていただきました。
私達の衣装は農民服である「ムイチャー」という着物。
W500Q75_驢馬駱駝20181003_181004_0032
W500Q75_驢馬駱駝20181003_181004_0023
今回は石垣島は白保出身の米盛美智子さんがゲスト。
Milk[弥勒]の「中作田~繁盛・とぅまた節」。
特に踊りを意識した曲のアレンジでは無かったので、最初は踊り用にテンポ等を変えようかな、と思ったのですが、CDのアレンジの通りにオリジナルな振り付けを作っていただいての米盛さん独特のキレのある舞踊、素晴らしかっった~~!!

そして、マミドーマ。
鎌で雑草の草刈りをしてから、鍬で大地を耕し、箆できれいにならしたところで、来年の豊作のために大切な種をまく。
(鎌・鍬・箆の三点セットは、東京波照間郷友会からお借りいたしました。いつもありがとうございます。)
chimchimと米盛美智子さんの二人マミドーマです。
美智子さんの種蒔きの盛り上げ方は、さすが!です。

最後はみんなで輪になっての弥勒節で。
これは波照間式の踊りなのですが、隣同士の人が手をつなぎ一つの輪になって弥勒世を願う踊りです。
ここで実はみるくさまが降臨する計画だったのですが・・ちょっとしたハプニングがありまして(笑)また次の機会があればその時にはぜひご降臨していただこうと思っております。
W500Q75_驢馬駱駝20181003_181004_0005
<セットリスト>
世乞い唄
中作田~繁盛・とぅまた節(踊り・米盛美智子)
古見の浦
豊年の歌
まみどーま(踊り・米盛美智子/chimchim)
海は命の宝物
No Border
みるくのテーマ(踊り)
かちゃーしー(踊り)
クイチャー(踊り)
弥勒節(踊り)

9月29日。
埼玉県のクレアこうのすの小ホールで「鴻巣・九条の会」に呼んでいただき演奏させていただきました。
W500Q75_Image_6e3c4f8
伊藤千尋さんの講演とMilk[弥勒]の沖縄音楽の演奏。
このお話をいただいた頃はまさか翁長さんが亡くなるなんてつゆほども思ってなかったし、その翌日が沖縄県知事選になるとも思わなかったのですが・・・。

なのでセットリストも、沖縄の民謡を紹介しながら沖縄の今まで歩んできた歴史などを話しつつ、最後はカチャーシーで楽しく終わって・・なんてぼんやりと思っておりました。

でも、あれよあれよと展開が変わり、演奏翌日が沖縄県知事選の日。

佐喜真候補を擁立する自公陣営のデマや中傷、携帯代を下げるなど出来もしない公約やら組織を使ったなりふり構わない選挙戦の様子を見るにつけ、沖縄の問題は沖縄だけではなく日本の問題であると痛感。
デモクラシーも三権分立も政治倫理も何もかもが戦後最大の危機に陥っていると思うわけで・・

「オール沖縄」の玉城デニーさんに絶対勝ってもらいたいと心から思い、セットリストを当初思ってたものからガッ!と変えてしまいました。

オール沖縄のまたの名は「ヒヤミカチ うまんちゅの会」というのですが、
ヒヤミカチはさぁ!やるぞ!立ち上がろう!という掛け声。
うまんちゅ(御万人)は多くの人、全ての人、という意味でそれこそオール沖縄のウチナーグチ版のような言葉です。
そして、Milk[弥勒]のヒヤミカチの3番の歌詞は、翁長さんが県知事に当選した時に、「これで沖縄を戦場にすることが止められる」と読まれた琉歌を使わせていただいているのです。

・・ということでオール沖縄の応援を込めて幕開けはヒヤミカチ!
次はどうしても翁長さんと歌詞がダブる「月桃の花」へ。
(泣いていらっしゃった方も

Milk[弥勒]オリジナルの「地球どぅ宝」も「海は命の宝物」も、翁長さんが守ろうとしていたもの。
宝石のように美しい沖縄の森や海やや命の循環を壊したくない。そして二度と沖縄を戦場にしたくないという「命どぅ宝」の心。
来場された方々も同じ思いだったと思います。

そして、最後はNo Nuke No Hate No War!で!
みなさま、手拍子ありがとうございました!!!!

<セットリスト>
ヒヤミカチ
月桃の花
地球どぅ宝
海は命の宝物
童神
No Border
世乞い唄
No Nuke No Hate No War!

翌日は台風24号が吹き荒れる中、沖縄の開票速報のネット中継を開票時から固唾をのんで見守っていましたが、なんと開票20:00に始まったのに20:01でデニーさん当確の文字が!!
なにか信じられなくてずっと見守っていましたが、当選が間違いのないものになって・・!!
デニーさんのカチャーシーが見れて嬉しかった~

周りのいろいろな人がこの選挙をいろんな形で応援してきているのを見てるし、日本の民主主義が首の皮一枚でつながったような気がしてきて、なんだか泣けてきた。

きっとこれから翁長さんのように政府からは相当な嫌がらせや沖縄いじめに会うだろうけど・・・
これからが大変だと思うけど・・デニーさん、頑張ってほしい

真夏のような暑さになったかと思えば1しのつく雨に1月下旬の寒さが来たり・・・というなんとも異常な9月でしたが・・。
おしゃれで居心地の良い大森Ain't No#での大人なMilk[弥勒]、[OKINAWA Ballads]。
早いもので今回で4回目でした。
しかしいつもなぜか、雨の日が多い・・。

この日も冷たい雨の日。
天候不順で体調を崩してしまった方もいらっしゃいまして残念でした。
そして、雨ニモマケズ来ていただいた方、お骨折りいただいた井上さん、いろいろありがとうございました!!

この日は、沖縄Balladsの中でも八重山民謡を中心に、沖縄料理屋さんのライブとは全く違う超しっとりまったりモード。
大人の夜です!
笛・囃子・唄とマルチなエリさんの参加ありきのセットリストも。
W450Q75_Image_ef3df9c
今回は八重山の唄中心でしたが、八重山唄の歌詞の意味を知ると言葉にも出来ないぐらい辛い歴史を知る唄が多々あります。

そんな唄がとても美しいメロディラインだったりして、歌詞の中の光景を思いながら歌っているととっても切なくなっちゃうんです。

普段のライブではなかなかそんな唄の意味まで表現しきれない事が多いのですが、たっぷりとこの美しくも切ない歌の世界をお送りいたしました。

<セットリスト>
世乞い唄
恋の花
古見の浦
No Border
小浜節
仲筋ぬぬべーま
てぃんさぐぬ花
弥勒世果報
月ぬ美しゃ
つんだら節
中作田~繁盛・とぅまた節

次回の大森Ain't No#「OKINAWA Ballads」は12月5日(水)です!!


↑このページのトップヘ