Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Milk[弥勒]はLIVE演奏の依頼大歓迎です。イベントやパーティ、集会等など・・
お気軽にお問合せください!!

★LIVE★
■11月17日(金)川崎 ゆんたく投げ銭LIVE
 場所:沖縄そばゆんたく 川崎市川崎区新川通10-3-1階 044-200-8658
 時間:20:00~ 投げ銭
■11月29日、1月31日(水)五反田 がんじゅう投銭LIVE
 場所:五反田 島たいむ がんじゅう 電話03-3491-7448
 時間:20:00~ (投げ銭)
■12月12日、1月9日(火)目黒ゆがふ投げ銭LIVE 
 場所:目黒 遊食家 ゆがふ 電話 050-5796-5389
 時間:20:00~
 出演:Milk[弥勒]、崎山エリ(笛)、篠田正人(島大鼓)
■1月27日(土)溝の口FU-KU 新年の宴 投げ銭LIVE
 大好評のコース料理と飲み放題の貸切パーティ方式のLIVEです。お申込みはお早めに!
 場所:菜酒家FU-KU 電話044-861-1414
 神奈川県川崎市高津区下作延2-4-10 琳和サニーコート1階 溝の口駅南口徒歩4分
 スタート:19:00~(演奏開始はもう少し遅いです)
 参加費:5000円(コース料理、飲み放題)ミュージックチャージはありませんが投げ銭です。

福島より帰ってきた翌日が毎月恒例のゆがふ投げ銭ライブでした。
ご来場、本当にありがとうございました!!
一緒に盛り上げてくれて応援してくれた仲間にも大感謝!!
P6092923-s
ところで、キュウリが大好物な私に、と「銀河のほとり」の有馬さんが自分の所の畑で採れたキュウリを昨日朝におみやげに用意していてくれたのですがうっかり忘れてしまい、それを担いで西山監督がライブに来てくれました。
それと、八王子のライブの時お世話になった礼子さんもいらしてくれて、ちょっとしたプチ打ち上げ気分。
P6092990-s
硬派なドキュメンタリー映画しか撮ってない監督も、この時ばかりはかなーりいい気分で踊り楽しんでいただきました! 
P6092997-s

さらに、嬉しい出会いがありました。

ちょっと長くなるのでそのお話は、詳しくはこちらで続きを・・・・

<セットリスト>
1部
弥勒世乞
桃里節〜川良山節
豊年のあやぐ
あがろうざ
赤田首里殿内
クイチャー踊り

2部
海は命の宝物
海上節
命結
No Nuke No Hate No War
安里屋ゆんた
豊年音頭〜唐船どーい

<アンコール>
鳩間の港

沖縄読谷村在住の彫刻家・金城実さんの東日本巡回彫刻展の期間中、福島県内開催が唯一実現した須賀川市「銀河のほとり」3日間のイベントに参加してきました。

6/5から始まるこのイベント、第一日目はテーマは水俣。
福島も基地問題も、全ての構図は水俣に凝縮されていた、と言っていい程構図が酷似しています。
なので、きっとスタートは水俣だったのでしょう。
映画上映も西山監督の「のさり」です。
希望がある事に水俣は、長い年月はかかりましたが、病気と闘い、国と戦い差別と闘い、激しく分断されてしまった人間関係も「もやい直し」を町民みんなが努力し、そして海も蘇った。
どうやったら蘇ったのか、そのヒントが沢山水俣にはあります。 

ところで、私達の演奏はMilk[弥勒]が6/6(土)kyatが6/7(日)の二日間です。
 
Milk[弥勒]組は一足先に6/6にレンタカーを借りて、写真家の高橋美香さんと共に福島入りしました。

まずはおいしいランチ。
マヨネーズも豆腐から作ってあったりと玄米や豆食を基本とした完璧なマクロビオティック。そして、彩りも美しい。
味噌から調味料から手作りで丁寧に作られた食事は、本当に体が喜びます。 
P6070038-s
そして、ソーラーパネルと太陽光調理器。
ここで、雑炊が出来ちゃった!!
アフガニスタンやパレスチナに行くことの多い高橋美香さん。
ライフラインが絶たれても調理できるこの装置に興味津々でした。
P6060008-s 
P6060023-s
 この日は西山監督の映画上映が2本。
「沖縄・福島~女たちのレジスタンス」
こちらの映画に、オーナーの有馬さんが登場しています。もしかしたら官邸前デモでお会いしているかもしれない。有馬さんの福島からのスピーチ、そして銀河のほとりの前掛け、私の印象に残っています。
「獅子たちの抵抗~国策の強制に抗う人々」
基地問題に揺れる辺野古のテント村等を訪れた福島原発告訴団の武藤類子さんと金城実さんとの出会い。

2本とも、沖縄の基地問題と原発問題を並列で扱った作品です。

そして、写真家・高橋美香さんの「パレスチナに生きる人々」のスライドトーク
かつてホロコーストという大変な民族的苦難を負った人達によって、国際法違反もなぜかお咎め無しで破壊され殺されていく普通に幸せに暮らしたいパレスチナの人々。

なんで、人間ってこうなってしまうんでしょうか・・・。
この日の出演者 Milk[弥勒]の二人にはさまれて、高橋美香さんと西山監督。
P6062717-s
さて、そしてMilk[弥勒]のLiveです!
P6062676-s
<セットリスト>
1:海は命の宝物
2:弥勒世乞
3:だんじゅかりゆし
4:命結
5:No Nuke No Hate No War
6:安里屋ユンタ
7:弥勒節 

「海は命の宝物」はまさに、なくなっていく沖縄の珊瑚礁 (特に辺野古大浦湾の海)と汚染され続けている福島の海が辛すぎて作った歌。
一番最初に聞いて欲しかった歌です。

そして、加藤登紀子さんの「命結」
命(ヌチ)結(ユイ)は沖縄の言葉をつなげたもの。結は助けあうこと。
そして、歌詞の中に東北・福島の言葉「までい」が入っています。
漢字で書くと「真手」だそうで、丁寧に手から手へ大事に渡していく事。
バラバラになってしまった飯舘村の方達が集まった時に歌われた歌。
実は先日、おトキさん本人に「是非、命結を歌ってよ~」と言っていただいたのです。

そして、新曲No Nuke No Hate No War」
こちらは皆様、元気よく一緒にこの表題部分、歌っていただきました。

そして、八重山の安里屋ユンタの踊りを。
この歌はレジスタンスの歌と言われているのですが、本島で味付けし直された新安里屋ユンタは単なる昭和歌謡。レジスタンスというなら八重山バージョンでしょう。
・・ということで、みんなに踊りを踊っていただきました。

そして最後は「弥勒節」で終わらせました。
弥勒節には島々によっていろいろ踊り方が違うのですが、今回はみんなで手と手をつないで巻踊りをする波照間式です。
思いを同じくする人達の繋がりが大きくなっていって大きな力になっていきますように。祈りながら歌いました。
そして、また素敵な人達とつながれた事に感謝しながら。
miruku-s
 
皆様、聞いてくれて、踊ってくれてありがとうございました!!! 

このあとは、また素晴らしい健康食での酒盛りタイム!(私は相変わらずノンアルコールビール
そして、近所のひばり湯という銭湯価格で入れる源泉掛け流しの天然温泉に入って、銀河のほとりの倉の2階でみんなで雑魚寝。
修学旅行のような楽しさでした。

そして翌日はkyatのLiveです。
・・・という事で、kyatの洋子ちゃんが詳しく書いてますので、読んでみてくださいね!! 

11011950_582141868593521_2588233437224268357_n-s喜多見映画祭の時、水俣のドキュメンタリー映画「のさり」のご縁で繋がった西山監督、そして写真家の高橋美香さん。
西山監督は、3.11以降、福島と沖縄に精力的に取材しシリーズとしてドキュメンタリー映画を作り続けています。
そして、高橋美香さんはパレスチナで暮らす人々の写真をライフワークにしている写真家ですが、沖縄の「金城実」さんに惚れ込んで、追っかけのように金城実さんの人物像や作品を撮り続けています。

今回の金城実さんの彫刻作品展を中心に、
美香さんの写真、そしてスライドトークショー、
西山監督作品の上映共に東日本を回ります。
そして途中参加ですが、先日の八王子から
Milk[弥勒]kyat※も音楽参加しました。

※kyat は、Milk[弥勒]のyayo(真田弥生)、
megu(木村恵)が参加するもう一つのバンドです。
海・森・大地・生命を唄うアコースティックユニットとして、Milk[弥勒]は全く違う音楽です。
こちらもぜひヨロシクです。 


音楽で伝えたい事、音楽で繋がりたい事。

それが、私の中で、この二つのバンドにより、ますます明確になってきたように思います。



会場は、お寺さんが開放してくれたアミダステーション!
IMG_2969 (1)-s
こちらの会場はもうすぐ建て替えられるそうなのですが、八王子市民がいろいろと活用している場所です。 
まずはMilk[弥勒]の演奏からスタートです。金城作品の横で演奏。作品も聞いててくれたかな?(笑)
IMG_2972-s
沖縄の基地問題、福島原発事故を踏まえて、人間が犯すあやまちは、人間自身の気付きと反省と希望と明るさで軌道修正出来るのでは?!という思いを込めてのセットリストです。

1:弥勒世乞
2:海は命の宝物
3:平和の琉歌
4:アメージング・グレイス
5:ヒヤミカチ
6:No Nuke No hate No War

そして、沖縄基地問題と福島東電原告団の武藤類子さん(この人がかっこいいのだ)を追った西山監督のドキュメンタリー映画、「獅子たちの抵抗」上映
この撮影で、武藤類子さんは辺野古へ行きまさに同じ問題を抱えているこの地のこの人々と繋がったのです。

さてkyatは、高橋美香さんや尾崎たまきさんの映像をまじえての演奏。
IMG_2977-s
IMG_2975-s
こちらの模様はkyatのblogで洋子ちゃんが書いているので、見てみてください。

IMG_2970-s
さて、今週末はいよいよ、福島の「銀河のほとり 」でのイベントです。

このほぼこのメンバー で出かけます。
楽しみです。 

そしてもちろんMilk[弥勒]も kyatも同じく参加しますよ~♪ 
1517721_582131858594522_4306541503227310344_n

そして、福島から帰った翌日の来週の火曜日は・・・・・。

恒例 目黒ゆがふ Milk[弥勒]投げ銭ライブですからね~~~~!!!

皆様、忘れないでくださいね!!

4末のGWの丸木美術館を皮切りに、今週水~木は日本教育館、来週は江古田映画祭でお馴染みのギャラリー古籐、そして再来週の八王子から参加します!!

LIVEは5月30日(土)に場所も延立寺別院のアミダ・ステーション
阿弥陀様は全ての苦しみの中にいる魂を分けへだてなく救済してくれる仏様です。 
ここでMilk[弥勒]の演奏をするというのも何か縁を感じます。
そしてkyatも参加します。
(kyatはMilk[弥勒]の二人が参加しているもう一つのアコースティックユニットです)
二つの演奏の前に、ドキュメンタリー映画の上映があります。
「獅子たちの抵抗」
沖縄と福島をつなぐ渾身のドキュメンタリーです。
このドキュメンタリーの中に金城実氏を中心に沖縄基地問題で抵抗する人達と、福島東電原告団で頑張ってらっしゃる武藤類子さん達が辺野古のゲートの前で出会いつながる場面が出てきます。
「国策」の名のもと、主権在民とは何なのか、民主主義とは何なのか、地方と中央と利権という構図。
全て問題の根っこはつながっているなぁ、と考えさせられる内容です・・。 
moviei
 
 映画だけ見ても、Milk[弥勒]やkyatのLIVEを全部見ても、2000円です。
さらに、金城実さんの彫刻作品鑑賞と同時開催される高橋美香写真展「写真でみる金城実さんの世界」まで見れちゃう。お得でしょ?!
八王子
八王子裏面
5月最後のウィークエンドは是非八王子まで足をのばしてみてください!!

沖縄を季節外れの台風が通過した日、そのまま超速でまさかの本州直撃。
最近、天気に関しては呪われている?と思いたい。
03bf7336
そんな中、台風をおして、目黒ゆがふのMilk[弥勒]投げ銭LIVEにお越しいただきありがとうございました‼︎
深く感謝いたします。

2部の予定を繰り上げ20:30からスタートしましたが、その頃が一番ピークだったのかなぁ。
JRが止まったり目黒川が警戒水域を超えてるなど、不穏なお知らせも伝わります。

思えば、いつもゆがふのLIVEでは踊りタイムの歌は宮古島の雨乞いの歌「クイチャー」でした。
輪になって盆踊りのように踊れるので楽しいのですが、神を恐れぬ選曲でございました。反省。
この日は最後はカチャーシーで〆ました。

初公開のオリジナル曲、No Nuke No Hate No War いかがでしたか?
Milk[弥勒]の明るい脱原発・反差別・反戦songです。
LIVEに来みんなと一緒に歌いたい!

さて、帰る頃はかなりの激しい風雨になっていて、徒歩1分のはずの目黒駅へ行くだけで全身びしょ濡れ、ビニール傘は見事に壊れてしまいました。
きっと皆様大変な思いでお帰りになったのでは、と思うとこんな日に来ていただいて感謝しかありません。
ありがとうございました‼︎

セットリスト
1部
海上節
島々美しゃ
赤田首里殿内
ヒヤミカチ

2部
海は命の宝物
弥勒世乞
平和の琉歌
No Nuke No Hate No War
カチャーシー(豊年音頭〜唐船どーい)

↑このページのトップヘ