Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Milk[弥勒]の公式Websiteが出来ました!ブラウザにmilk.okinawaと打ち込んでくださいネ♪
★LIVE★
■10月31日(水)川崎 沖縄そばゆんたく 投げ銭LIVE
場所:川崎 「沖縄そば ゆんたく」
時間:20:00スタート
予約
044-200-8658(ゆんたく) 川崎市川崎区新川通10-3 行き方
料金:チャージ無 投げ銭
■11月13日(火)目黒ゆがふ投げ銭LIVE
場所:目黒 遊食家 ゆがふ 電話 050-5796-5389
時間:20:00~
出演:Milk[弥勒]、崎山エリ(笛)、篠田正人(島大鼓)
■11月20日(火)溝の口 FU-KU 秋の宴
場所:溝の口 菜酒家 FU-KU
神奈川県川崎市高津区下作延2-4-10 琳和サニーコート1F 050-5868-4749
時間:19:00スタート(Live開始は19:45くらい)
料金:5000円 豪華コース料理と飲み放題 (チャージ無 投げ銭)
■12月5日(水)隠れ家的Bar Ain't No#  OKINAWA BALLAD
時間:20:00スタート
場所:大森 隠れ家的Bar Ain't No#(エイントナンバー)
東京都大田区大森北1-34-14 ツインビル1F(大森駅東口 徒歩5分程度)
予約090-4134-0191
料金:チャージ無 投げ銭
■12月19日(水)川崎 沖縄そばゆんたく 2Man!OKINAWA’N Xmas
久しぶりの815のお二人との2Man!!
場所:川崎 「沖縄そば ゆんたく」
時間:20:00スタート
予約
044-200-8658(ゆんたく) 川崎市川崎区新川通10-3 行き方
料金:未定

GW最終日は狛江駅前ライブに呼んでいただきました!
「音楽の街 狛江」という取り組み、市&市民共々力を入れています。
今回の駅前ライブで58回目となるそうで、市民の方々に認知され定着しているイベントのようです。
今回はキタコマ沖縄映画祭でおなじみのMAPの宇夫方さんプロデュース。
Milk[弥勒]も沖縄映画祭や市民コンサートなど過去何回か狛江市の方たちの前で演奏させていただいています。お客様もたくさん足を止めて聞いていただき、また私達を覚えてくださり楽しみに来ていただいた方もいらっしゃり、とっても嬉しく思いました。
ありがとうございます!!!
W500Q75_狛江駅前弥勒ライブ_57
天気も非常に良く気温は高いのに爽やかな風が吹きとっても気持ちよかったです!
W500Q75_狛江駅前弥勒ライブ_98
W500Q75_20180506狛江_6
そして、今回は踊り隊のスペシャルゲストが!
宇夫方路琉舞研究所の生徒さん、金城さんとまだ4歳のエマちゃんが安里屋ゆんたとカチャーシーを踊ってくれましたよ!
もう視線は可愛いエマちゃんに持っていかれちゃいました!
ってか、歌いながら目が細まる自分に気がつく自分。
童神ってこういう事だなぁと。
W500Q75_20180506狛江_10
今回も大変お世話になった宇夫方さん。写真を撮ってくれたくりさん。
そして踊りで盛り上げてくれたエマちゃん金城さん!ありがとうございました!!!

<セットリスト>
海の声
海は命の宝物

ヒヤミカチ
地球どぅ宝
与那国ぬ猫小
みるくのテーマ
安里屋ユンタ
カチャーシー

GWの中日の4日。
PEACE WINNDSの多田さんの紹介で荻窪のBUNGAというライブハウスで歌いました。
初めての箱とお初顔合わせの対バン。ドキドキ。

World Wide Week ~世界中の音楽を聴こう!
という企画だったのですが私達の回は沖縄で繋がっていました。
一番手はMilk[弥勒]。
W500Q75_P2240986
新島達也さんは伊江島出身の唄者。
以前目黒のゆがふに行った時ちょうどMilk[弥勒]のライブだったとの事で知っててくださいました。
そしてもう一組のGOOD FELLASはロックですがボーカルの人が沖縄の血を引き沖縄LOVEな曲も。
そしてギターの方はアースデイのOne Peace OkinawaのLiveでかっこよかったacoustic Loose Riderのギターの方でした!
W500Q75_P2250073
二番手のGOOD FELLASさんに三線のサポートを入れる新島達也さん。
LOVE&PEACEな3組の演者が出会った1日でした。
そしてこのLive ハウスのBUNGA自体LOVE&PEACEなお店でした。
そういえば紹介していただいた多田さんのバンドもLOVE &PEACEなバンドだしなぁ。
W500Q75_P2250080
今回も縁が繋がる出会いでした。

ライブハウスでなかなかこの唄は歌わないから、レア動画かな?と。
録画してみました。新島さんナイスな指笛入れてくれて嬉しかった~

<セットリスト>
No Border
海は命の宝物
中作田~繁昌節~とぅまた節
与那国ぬ猫小
世乞い唄
No Nuke No Hate No War!

メーデーで歌うお話が来た。日比谷野音で持ち時間は10分。
さて何の歌を歌えばよいか・・迷いました。
実はワタクシの人生の中、メーデーに参加したことが無いのです。
会社員時代、労働組合に加入していたのか??も不明で、お恥ずかしいことに無頓着でした。
(そういえば給料から500円ぐらい組合費の名目で引かれてたような気がする…程度

・・で、お勉強です。

メーデーの歴史を調べてみると・・
もともとはヨーロッパにおいて「夏の訪れを祝う日」を意味しました。
しかし、1886年5月1日、「合衆国・カナダ職能労働組合連盟」の労働者たちが、8時間労働制を求めてストライキを起こします。
当時は1日12時間以上の過酷な労働が当たり前でしたが、この歪んだ労働環境を是正するために、労働者が立ち上がったのです。
こうして、5月1日は労働者の権利を主張する日、「メーデー」として、世界中へ広がり定着したそうです。
1917年にはソ連が、初めて国の法律として8時間労働制を確立。
1919年に国際労働機関(ILO)第1回総会で「1日8時間・週48時間」という労働制度が定められ、国際的労働基準として確立したという歴史がある事がわかりました。

日本では1920年5月2日、東京の上野公園で第1回メーデーが開催されるが
1936年には、旧日本陸軍の青年将校らがクーデターを試みるという2.26事件が発生。
それ以降メーデーの開催が禁じられ、敗戦を迎える1945年までメーデーは開かれませんでした。
敗戦の翌年の1946年に再びメーデーが開催されるようになってからは毎年行われていますが、このように11年にもわたってメーデーが中断された歴史を思うと労働者の権利の獲得や保障のための運動は、戦時には弾圧されることから、「平和であること」「戦争を起こさない、巻き込まれないこと」が、労働者一人ひとりの人権や暮らしを守るための第一条件だな~と思います。

弥勒世(みるくゆ)である「誰もが飢えない豊な世の中」は「平和」無くして実現しない。

・・という事で、唄った曲はオリジナル曲、「NoBorder」「No Nuke No Hate No War!」
もうNoづくし。
W450Q75_20180501メーデー_72
W450Q75_20180501メーデー_29
W450Q75_20180501メーデー@日比谷野音_7
大企業から業種で連合した中小企業まで様々な労働組合の方々が来られていました。
日比谷野音会場がギッシリでした!

正規・非正規の格差は広がるし、自殺者も出るブラックな労働環境が半ば公然化され、外国人労働者は現代の奴隷?とも思えるような現場がある現代。

結局は「政治」なのですが、年金原資まで株に投資し、消費税は福祉に使うといいながら福祉を削り、お友達企業に利益を誘導する「自民一強」の今の状況を許しているのも国民なわけで。

働きやすい環境、平和な日本を次の世代の子供たちに渡すためにも私達一人ひとり何が出来るか。
労働組合が弱体化していると言われて久しいですが、130年以上も前に働くひとの権利を守るために出来た労働組合。
「私達一人ひとりが働くひと」なので自戒を込めてですが、先人たちが戦い勝ち取ってきたものを無にしないように、それには何より他者を思いやる愛と平和な世の中。
LOVE&PEACEなのだ!

W320Q75_IMG_6581千葉市の光明寺という真言宗のお寺さんに、春の花祭り(釈迦生誕祭)のイベントに呼んでいただきました。

近隣の方や檀家さんをお呼びしてのこのイベントも今回で10回目になるとの事。
演者演目も津軽三味線から上方、薩摩琵琶、と南下し、いよいよ沖縄、という事で私達が呼ばれました。

お楽しみ演芸会のようなイベントを想像してセットリストを組んで行ったのですが・・・・

お寺に到着しご住職とご挨拶した時に聞かれました。

「この花祭りのイベントは毎年4月29日に開催してきたのですが、今年は敢えて4月28日にしました。
今日は何の日か知っていますか?」


いきなり問われて、(゚∇゚ ;)エッ!?となったのですが、ご住職は「今日は沖縄のことを語るのにふさわしい、屈辱の日だからです。」・・と。
一見全く沖縄に縁がなさそうに思えたご住職からこの言葉が出てきたのです。

4月28日は敗戦後アメリカの占領下にあった日本がサンフランシスコ条約で主権を回復した「主権回復の日」。
しかし、唯一の地上戦となって県民の4人に1人が亡くなったと言われる沖縄戦を経験した沖縄は取り残され、収奪された広大な土地はアメリカ軍の基地のまま米軍による被害(今でもひどいが)今とは異次元なくらい酷く沖縄県民にとってこの日は「屈辱の日」となったのだ。

これは、セットリストを再考せねば。と、meguさんの手持ちの譜面をとにらめっこして直前に変更。
涙そうそうの代わりに童神を。(この唄にはちょうど2年前の4月28日に米軍属による強姦致死事件の被害者に対して、作曲者の古謝美佐子さんが「貴方の花を咲かすための風除になれなかった・・」と涙を流しながら歌われた歌なのです)・・また逆にオリジナル曲を増やしたり。

私達の演奏前にご住職の法話がありました。
内容は、琉球王国の歴史から明治の琉球処分、そして太平洋戦争を経てこの「屈辱の日」があること。
そして現在の基地問題のことにまで触れ、高江や辺野古にも行かれた事があるとおっしゃっていましたが、異常な基地集中とベトナムやイラクなどアメリカのする戦争が進撃基地になってしまっている事等・・沖縄の事を遠い所、単なる観光地と思わないで自分事として考えてみて欲しい・・というような内容の法話でした・・・・・
沖縄を考えると平和とは?というのを強く考えさせられます。
みんなが心豊かに暮らせる弥勒世は平和無くしてはありえません・・・

ここにも、「伝えたい。おきなわのこと。」と考えてくださっているナイスなお寺さんがいらっしゃる。
この素敵な仏縁に感謝です。

さて、私達のステージなのですが御本尊は不動明王様の内陣=本来僧侶以外凡人が立ち入れない聖域。
畏れ多いことこの上なし。
しかし、私達は弥勒です。(そうだ!弥勒菩薩つながりという事でお許しを
W450Q75_2018_04_29_10
ステージは2部構成。1部40分~トイレ休憩10分。2部は45分位。
非常に長時間のLive。
沖縄料理もオリオンビールも無いのに、みなさまとても熱心に聴いてくれて、最後のカチャーシーからの「弥勒節」を波照間式で手をつないで踊っていただきました。
そして!さらに、さらに!アンコールまでいただきました。
ありがとうございました!
W550Q75_2018_04_29_9
帰り際に、「とっても良かった~」と声をかけてくださったり、CDを買っていただいたり・・
嬉しかったです!本当にありがとうございました!!
沖縄の事を知ってほしいアツい心のご住職に出会えたことも奇跡のようなご縁に導かれて。
呼んでいただきありがとうございました!
<セットリスト>
1部
海は命の宝物

てぃんさぐぬ花
地球どぅ宝
赤田首里殿内
与那国ぬ猫小
安里屋ユンタ

2部
No Nuke No Hate No War!
世乞い唄
ヒヤミカチ
みるくのテーマ
童神
カチャーシー
弥勒節

アンコール
島唄

平和な日本に生まれ育ち、あたりまえに日常が過ぎ、その中に様々な喜怒哀楽や事件事故はあれど「日常」というものの連続性に疑いを持たなかった自分。

どうやら世界は「平和」ではない。
あたりまえに笑ったり喧嘩したりしながらも過ぎていく「日常」は「戦争」というものによって突然かつ簡単に破壊される。

中東のパレスチナというと私達の世界から見れば遠い世界。
しかし、2000年の歴史を刻んできた国が1947年(今から71年前)に突如としてイスラエルという国が出来、そこに住んでいた人達は土地を奪われた。
それに抵抗するアラブ諸国。
その後中東戦争が何度も起き、周辺アラブ諸国や超大国のアメリカやロシア、英仏等も複雑にからみ、今や戦禍の絶えない場所となってしまった。

子供の頃はアラブ諸国は「アラビアンナイト(千一夜物語)」や「アラジンと魔法のランプ」のお話とともに、エキゾチックな憧れがあった。
しかし今おおかたの人はパレスチナと聞くとテロリスト、とか怖いとかというイメージ漬けなのではないでしょうか?
それはあまりにも片側だけのイメージなのだ、という事を私は高橋美香さんの写真で知った。
それでもパレスチナに木を植える [ 高橋 美香 ]
それでもパレスチナに木を植える [ 高橋 美香 ]
パレスチナの難民キャンプに通いながら、彼らと共に友情を積み重ね、彼らの何ら私達と変わらない屈託のない笑顔の日常。
またその笑顔の傍らにある現在進行系で進む悲しい現実も。

ある日突然違う国に支配されるという意味では、パレスチナも琉球王国だった沖縄も似ている。
明治政府は「武力」で琉球王国を併合し「沖縄県」を置いた。
琉球に続いて併合した朝鮮、台湾。
歴史は決して片側だけから見てはいけないものだ。

・・おっと!
ライブレポートの筈が思わぬ長文になってしまった・・

そんな事から、今月のTry&kyat Monthly Live は高橋美香さんのスライドトークに加え、パレスチナに初めて行ったカメラマンの山口勝則さんや、広島長崎の平和の火をパレスチナに届けるアースキャラバンというイベントを何度も主催してきたニッキー松本さんなどのゲストのクロストークに加え、音楽陣。

アラブのギター「ウード」奏者、荻野仁子さんの音色が何ともエキゾチックで。
「アラビアンナイト」にふさわしいスタートを切った。
W450Q75_ソロライブ用 お猪口制作_9
そして、今回はMilk[弥勒]も3曲オリジナル曲を歌いました。
特に、新曲「No Border」はこの夜のテーマにはワタクシ的にはズバリなだけに熱唱・・させていただきました・・
W320Q75_IMG_6578
そして、kyat。「Colors」という唄でみんなで輪になって手を繋いで終わり・・・
最後のセッションでは高橋美香さんの映像と共に全員で「太陽の向こう側」を。
ウードの旋律がぐっと迫ってきました。
W500Q75_ソロライブ用 お猪口制作_6
最後は全員で。ありがとうございました!!!
W500Q75_ソロライブ用 お猪口制作_3

最後に新曲「No Border」の歌詞をのせておきます。


No Border

作詞 真田 弥生
作曲 木村 恵

境界線が見えなくする
人の心 人の痛み 人の叫びを
境界線が引きちぎる
森の命 海の命 人の命を

人がつくる見えない壁
黄色いラインの向こう側
そのまた向こうらにあるものはなに?

No border 共に生きよう
人と人の垣根をなくそう
No border 共に生きよう
国と国の垣根をなくそう
この星から戦争(いくさ)が無くなるように

歴史の中にあった悲劇
無くならない 消せやしない 忘れられない
立場変われば違って見える
大切なもの 心の誇り 守りたいものを

見えないふりをやめてみよう
相手の心の痛みを
わかち合える人になりたい

No border 共に生きよう
傷つけていいものなど何も無い
No border 共に生きよう
心の中の垣根をなくそう
全ての人が 誰かの大切な人

No border No border
No border No border
No border 共に生きよう
人と人の垣根をなくそう
No border 共に生きよう
国と国の垣根をなくそう
この星から戦争(いくさ)が無くなるように
優しい愛が溢れる星となるように

↑このページのトップヘ