Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Live Report

W240Q75_Image_7a0e97c
東京地方は3月21日に桜の開花宣言。
3月29日の五反田・がんじゅうLIVEは窓から目黒川沿いの桜を臨みながらのLIVE!! 
・・・となるもくろみでしたが。
その後の寒の戻りで全く桜は咲いていませんでした・・(アチャ) 

ところでこの日のライブ、かなりいろいろハプニング続きでした。
マイクスタンドを忘れてしまいお店のマイクスタンドをお借りしたのですが、ちょっとそれがガタが来ていまして、更に譜面台代わりのiPadがつけられない仕様。
まともな方のマイクドスタンドは荷重のかかるめぐさん用にしなくてはならず、マイクスタンドセッティングだけでかなり時間かかってしまったという。


W240Q75_17457513_1656656604629647_6502728848068554189_n
さらにいざ三線をセットしようとしたら、なんとカラクイが折れているのを発見!!!
予備のカラクイでなんとかしのごうとしたら、なんと「歌口」までガッツリ折れている・・・。
まるで悪夢。
5日前のkyatのLIVEの時は全く問題なかったんだけどその間に歌口が同時に割れるとはかなりの衝撃が楽器に加わったはずなのに全く覚えがない。

これを見た時はココロも折れました。
お祓いしたほうがいい?
LIVEは無理じゃないの・・?(TДT)と。

・・でも、どうにかこうにか・・・
三線的には音は悪いけどLIVEはなんとか出来る状態まで持っていき・・。(はぁ、綱渡りだ
ムンクの「叫び」?(笑)クリさんが撮ってくれました。

でも、LIVEはみなさまにバッチリ盛り上げていただきましたよ~!!
 ここ何年かのLIVEで1.2を争うハプニングでしたが、本当に本当に!!有難うございました!!
W450Q75_Image_12faaef
3月4月と入学・卒業・就職シーズンですが、いろいろ移動があったり引っ越しがあったり・・。
水族館のイルカのお兄さんというあこがれの職業を捨てて、宮古島に移住するお友達の淳ちゃんもふらりと顔を見せてくれました。しかも嬉しい報告まで持ってきてくれて。 
別れもあれば出会いもある。新しい生活に乾杯です。
W450Q75_Image_50ff07b
ありがとうございました!!

<セットリスト>
桜の花
オジィ自慢のオリオンビール

海の声
海は命の宝物
浜千鳥
イラヨイ月夜浜
地球どぅ宝
ヒヤミカチ
猫小
カチャーシー
クイチャー
鳩間の港

先月2月がバレンタインでしたが、3月は必然的に第2火曜日、ホワイトデー!
この日も、ほんの気持ちのプレゼントを用意いたしましたが、数に限りがあり行き渡らなくてすみませんでした!!m(_ _)m 
そしていろいろな事があってLIVE出演をしばらくお休みしていたエリさんが、この日に復帰して久しぶりの「みるくゆがふ」4人体制で 嬉しいです。
エリさんのお友達も大勢来てくれて、この日もとっても賑やかに楽しいライブでした。
W450Q75_Image_5bd4dd6

3月のこの時期はホワイトデーというよりも、6年前のあの絶対忘れちゃいけない3.11という日をあらためて考えてみる日々になってきましたね。

廃炉のメドも立っていないのが現実で、私達全国民が死ぬまで原発事故の廃炉費用を負担していかなくてはならない・・。
いまだに12万人も避難者がいる。
国際基準では強制避難しなければならない所を「安全」とし簡単に国は「帰還せよ」と言っている。
しかし帰ったとして現実に生活していけないほどコミュニティーが崩壊している。
そこへどう帰還して生きていけというのか?
まだまだ何も問題は解決していないのに、政府は復興は順調に進んで「節目」を迎えた、と勝手に幕引き・・・。
原発再稼働や原発輸出に、さらに武器輸出や、アメリカに言われれば自分と関係ない国と戦争まで出来る国にして。
そしてあの美しい沖縄の自然を壊し、さらに新しい基地負担を押し付け・・・。
・・という事で最初の曲は「No Nuke No hate No War!」
さらに、2011年に亡くなった私達の仲間、hochinが震災の瓦礫の中で懸命に咲く桜の花をみて作った曲「桜の花」・・など、色んな思いのこもったオリジナル曲が続きました。

私たちは21年前の阪神淡路大震災と6年前の東日本大震災と、2度の大きな大天災を経験したわけです。
失ったものは非常に大きかったけれど、一番大切なものが「人と人との絆と助け合う心」だなぁ・・、と思います・・。
W450Q75_Image_92e8e6b
後半の踊りタイムは、すんごくノリのいい方が大いに盛り上げてくれました!!
ライブを見に来たお客様ではないのれんの向こう側に座ってらっしゃった方々なのですが、投げ銭やCDまで買っていただいて感謝です!!
W500Q75_Collage 2017-03-16 17_32_27
みなさま、今月もありがとうございました!!!!
 
<セットリスト>
 No Nuke No hate No War!
桜の花
海は命の宝物
地球(フシ)どぅ宝
ヒヤミカチ
魚湧く海
つんだら節
満月の夕
与那国の猫小
豊年音頭~唐船どーい
クイチャー~クイチャー踊り

アンコール 
鳩間の港~与那国ぬ猫小 

3月も中旬になってくると春が来た来た感がいっぱい。
日曜日の亀戸はまさに春いっぱいの一日に亀戸フェスティバルがありました。
十三間商店街のホコ天や亀戸文化センター、亀戸アトレなどの 施設で大道芸や模擬店、ワークショップなど。
その一環でカメリアホールLIVEにMilk[弥勒]も呼んでいただきました。

本番直前、出待ちステージで記念撮影。
久しぶりのグランドピアノはやっぱり気持ちがいいです!!
W450Q75_IMG_8393
W450Q75_Image_f99168c
演奏終了後は江東アナウンス部の方によるインタビューなんかも。
W450Q75_P2190547
亀戸のみなさま、ありがとうございました!
今回、星野源さんの「恋」を演奏しているグループが2組もありました。
相変わらず流行っていますなぁ。
持ち時間30分、Milk[弥勒]はCD収録曲を中心のセットリストで。
<セットリスト>
海の声
海は命の宝物
ヒヤミカチ
地球どぅ宝
与那国ぬ猫小 

2月のゆがふLIVEは2月14日のバレンタインデー。
たくさんの方に来ていただいて、本当に嬉しいです。
盛り上げていただきました。感謝です!!
特に今帰仁の海の目の前のステキなゲストハウス「結家」さんの女将の上京に合わせて、結家でご縁を結んだ沖縄好きの方々がたくさん来てくれて、Milk[弥勒]とも縁を結んでいただきました。
そして、2月14日というステキな日がBirthdayの鳩間さんもご来場いただき、みんなで乾杯とお祝いを!!
W450Q75_IMG_7751
W450Q75_IMG_7674
私達もバレンタインにちなみ??盛々のヘアエクステンションに自作花コサージュで乙女気分??
後ろから見るとこ~~んな感じに。盛りすぎ??(・∀・)
W450Q75_P2190407
LIVE始める前に「フラダンスやるの?」ってお客様に言われちゃいましたが・・
確かにそう見えなくはない。

そして、みなさまのお陰でとっても盛り上がり、2月とは思えないほどの熱い暑い夜でした!!
ありがとうございました!!
W450Q75_P2190413
W500Q75_Collage 2017-02-15 18_15_28

そして・・・とても忘れられないプレゼント・・。
チョコ中毒のワタクシにチョコ頂いちゃいました。この超極大チョコ、ビックリです。
上の写真の左上で私が持っています。さぁ、何日かけて食べきるか?
・・って意外とペロっと食べちゃいそうな気もする・・・(自分が怖い)
そして、とてもほぐす気になれない投げ銭・・・。可愛くてこのまま飾っておこうかな。
W450Q75_IMG_7788

ほんとうにほんとうに、ありがとうございました!!!

そして、昨年末からMilk[弥勒]とkyatのライブで始めた
イラクやシリア難民の病気の子供たちを支援する「チョコ募金」
こちらのMilk[弥勒]のバレンタインLIVEでめでたく完売いたしました!!

チョコレート缶 バラ111個、4個セット16セット
ポストカードが7セット
総金額¥91.000を、特定非営利活動法人 日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)にお渡しいたしました!!
みなさまのご協力に深く感謝致します。
ありがとうございました!!!


<セットリスト>
豊年の歌
オジー自慢のオリオンビール(Happy Birthday)
海の声
海は命の宝物
月ぬ美しゃ
まんがにそざ節
魚湧く海
地球どぅ宝
安里屋ユンタ
与那国ぬ猫小
豊年音頭~唐船どーい
クイチャー2連発
(アンコール)鳩間の港


この映画祭が始まってから、毎回+αライブに出させていただいています。
今回は、「高江-森が泣いている1」のあとのライブでした。
このフィルムは2部構成で、同タイトルの2の映画の後が中川五郎さんのライブでフィナーレとなりました。

ワタクシはこのフィルムの前に、シネマ歌舞伎ならぬシネマ組踊「二童敵討」を鑑賞。
舞台で見るナマの組踊も素晴らしいけど、シネマ組踊の方は踊り手の化粧から表情、衣装や小道具に至るまで見事なカメラワークによって迫ってきて、そして難しい琉歌によるセリフも翻訳字幕が出てくるので非常にわかりやすく、このシリーズ、もっと見たい!と思いました。

そして、「高江-森が泣いている」のフィルム・・。

国家権力の総掛かりVS反対運動をする人たち、という圧倒的な力の差の中で、どういうふうに運動をなぎ倒されていったか、という生々しい現場の様子を追った映像。
報道カメラマンでさえも排除された生々しい現場の中にいたからこそ撮れる映像でした。
現場に張り巡らされた鉄条網も普通の鉄条網ではなく、カミソリの刃を埋め込んだ殺意を持った鉄条網・・。
この「殺意」を見てもらいたくて、リーダーの山城さんはその鉄条網の一部を切ったのではないか?
そして、その事を理由に3ヶ月以上も長期勾留されているのではないか?
・・・とは思いましたが・・・。

でも正直もっと掘り下げてほしかった・・・と思いました。
見ていてもどかしさすら感じてしまいました・・。
伝えるって難しいです。

この映画祭では、いつもMilk[弥勒]は八重山関係のフィルムや伝統神事などを取り扱ったフィルムのあとにLIVEをさせて頂く事が多いですが、今回は「基地問題」をテーマにしたフィルムのあとにお願いしたい、とコチラから申し出ました。
今回の新アルバム「地球どぅ宝」のテーマは美しい沖縄に横たわる基地問題が底流にあるからです。

まず、中村卓哉さんの映像と共に「海は命の宝物」を。
沖縄の海の原点と思った大浦湾の風景と山原の美しい自然。
W450Q75_Image_c10b11b
W450Q75_Image_dc829d4
神と自然が当たり前のように人間と共存していた沖縄。
最近沖縄に行くと、昔大切にされていた神の居場所がどんどんないがしろにされ、大切なものを一つ一つ失っていく寂しさを感じます・・。
この日の翌日から辺野古の工事再開とともに大型掘削船やらコンクリートブロックやらが続々と現場に入り、陸上では反対する人たちへの排除が始まっています。
悲痛な気持ちになってきます。
 
圧倒的な力の差をもって強権的に大浦湾を壊して埋め立てる日本政府。
またあの沖縄戦を再びやろうとしているのか?という気がしてきます。
沖縄だけに基地を押し付けるのってどうなの??
他人事ではなく自分事として考えたいです。 

<セットリスト>
海は命の宝物
地球どぅ宝
魚湧く海 

↑このページのトップヘ