Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Live Report

12月8日、今年最後のゆがふ投げ銭ライブ、ご来場ありがとうございました!!
この1年のご愛顧、心より御礼いたします!!!
PC080015-s

思えば、今年は激動の年でした。
個人的に大きな打撃は「声帯結節」という厄介な声帯の病気に昨年末からかかってしまったことです。
大量のステロイド療法で体調もおかしくなっちゃったり、なんといっても大酒飲みのワタクシが禁酒の1年だったこと。(これはとっても悲しい)

そして世の中的に私が一番ショックだったのは「集団的自衛権」の閣議決定から強行採決、そして武器装備庁だのの戦争景気を狙ったような動き、そして辺野古のゲート前の暴力的な機動隊や海保の様子を見るにつけ、平和と民主主義だった日本が変質してしまった、という喪失感、でしょうか。

さて、12月8日は奇しくも東条英機内閣による憲政史上最悪の閣議決定によって始められた真珠湾攻撃が起こった日です。
そして、平和、反戦を歌い続けたジョンレノンが凶弾に倒れた日。

今を戦前にしてはならない。
戦後が100年でも200年でも続いてほしい。
再び「いくさ世」にしてはならない、とあらためて心から願います。

そして、この方も全く同じ思いでいらっしゃるなぁ、と感じる元祖ネーネーズの古謝美佐子さん。
この秋、古謝さん率いる「うないぐみ」と坂本龍一さんとのコラボで、「弥勒世果報」というCDをリリースしました。
このCDのアーチストに入る収益は全て「辺野古資金」へ寄付されるそうです。 

実は、私も辺野古の事を思いながら新しい曲を練っていたのですが、ビッグアーチストに先を越されてしまいました。

・・と、言うことで敬意を表して私達も「弥勒世果報」を演奏させていただきました。
エリさんは唄と笛と、大忙し!!

古~い知り合いのH教授がMilk[弥勒]結成後、初めてLIVEに来てくれました。
そして、一句読んでいただきました。

「いくさ世(ゆ)に入りしこの日にうちなはの しらべきくのも  えにしとぞ思ふ」
dキャプチャ-s
 次のLIVEはXmasイヴです~!!!  
<セットリスト>
 1部 
弥勒世乞
海は命の宝物
No Nuke No Hate No War!!
弥勒世果報
ヒヤミカチ
赤田首里殿内

2部
あがろうざ
海上節
イラヨイ月夜浜
月ぬ美しゃ
クイチャー
クイチャー踊り
(アンコール)
鳩間の港 

昨日のゆがふ、沢山の方に来ていただきありがとうございました!!
楽しかった~盛り上がった~~
PB125095-s
いつものお団子頭からちょっとイメチェンをしようかと、髪の毛をおろしてみたのですが、失敗だったかなぁ・・・?
アトピー体質の超敏感肌なので首筋やホッペタが自分の髪の毛が刺さってチリチリ 
次回からいつもの頭に戻ります・・

ところで、先島という言葉ご存じですか?
一般的に宮古・八重山諸島の事を「先島」といいます。

琉球王朝があった沖縄本島と、「先島」と言われる宮古・八重山は歴史的に一線を画したものがありました。
先島は「大和」▶「琉球王朝」からの二重搾取構造で人頭税と言われる重税に苦しんでいたという歴史的事実があります・・。

ミルクの神は、そんな先島の神さま。
ニライカナイの彼方からやってきて平和で豊かな世の中「弥勒世」をもたらしてくれると信じられています。

「豊か」 というと物質的なものを想像しがちですが、重税で苦しむ先島の人達の豊かさとは、食べるものと着るものが取り敢えずある。ということ。
とっても控えめな「豊かさ」を願っていたのです。
でも、世界に目を向けると、そんな控えめな豊かささえ奪われ、戦禍や殺戮に苦しんでいる人達が沢山いることを忘れてはならないと思います・・。
「弥勒世」が来ますように・・・。
そんな思いで作った曲が「弥勒世乞」です。

一部では、古典民謡から新唄まで「先島」の曲ばかりを集めて歌ってみました。
二部は、平和の思いを込めてオリジナル曲三曲に「戦場の止み」の琉歌を入れたヒヤミカチ、そして先島の雨乞い唄、宮古のクイチャーと八重山のクイチャー踊り二連発。
PB120138-s
キャプチャ-s
 そして、最後は平和な世の中を願い、「弥勒節」。

ところで、Milk[弥勒]オリジナル手拭いがすごい事になっています。
LIVEが終わった後はこ~んな感じで記念撮影。
PB120159-s
独創的なミルク手拭い集をみんなが写真を送ってくれるので、今度特集ページでも作ろうかな。 

<セットリスト>
 一部
黒島節
まんがにそざ節
イラヨイ月夜浜
SAKISHIMAのテーマ
海上節
豊年の歌

二部
弥勒世乞
海は命の宝物
No Nuke No Hate No War!!
ヒヤミカチ
童神(リクエスト)
クイチャー
クイチャー踊り
弥勒節

アンコール
鳩間の港 
 

紅葉が始まった高尾山のすぐそば、高尾の「むみじか」というギャラリーで、子供から大人まで楽しんで、そして平和と民主主義を考えてみよう・・・というイベントにkyatとMilk[弥勒]、二つのバンドでの音楽参加をさせていただきました。
PB070014-s
ギャラリー「むみじか」は、アンティークな家具や調度でホットする心地よい空間でした。
鳳凰の透かし彫りの欄間から漏れる光が優しい気持ちになります。
PB070108-s
午前中は、子供向けの絵本を読み聞かせ。子どもたちに平和を考えて貰うきっかけを。
そして午後からは、こんなプログラムで進行しました。

13:00~西山正啓監督の「獅子たちの抵抗」を上映。
15:00~kyat LIVE 
16:00~「アフガンに命の水を~ペシャワール会26年目の闘い」を上映。
17:00~Milk[弥勒]
 
18:00~ワイワイトーク

この日のテーマは、「五感で感じる私達の平和と民主主義」。

前から見てみたかった
「アフガンに命の水を~ペシャワール会26年目の闘い」、中村医師の闘い。
水がないために病気が蔓延し、食料も無く人々が水争いに明け暮れる不毛の砂漠のアフガン。
ここに
医師でありながら、水路を作り、植物や食べ物が実る国土を作る、という途方も無いことを、多くのアフガンの人達、日本の若者のボランティア、そして日本の善意の募金だけでやり遂げた・・・
これこそが「積極的平和主義」と言われるものでなければ何なのか。

中東をはじめとする紛争地帯の人々を助けるために大勢の日本人たちが、こうした活動をしています。
これこそが、日本の世界への平和貢献のあり方だと思っています。
集団的自衛権の名のもとに、アメリカと一緒になってそういう国を攻める・・・・。
こういう取り組みはもう不可能になるでしょう。
現に、ペシャワール会の日本の若者一人が銃撃され亡くなりました。

ワタクシが最近、とみに激しく感じていること。
「武力では決して平和は作れない。」
「平和というのはきちんと民主主義が機能して初めて平和というものが得られる。」 

(戦争好きの安倍政権のおかげで本当に日々考えさせられます。 
kyatもMilk[弥勒]も、選曲とトークの内容はそのテーマです。

kyat
PB075004-s
PB070018-s
「アフガンに命の水を~ペシャワール会26年目の闘い」上映後、早着替えでMilk[弥勒]
PB070156-s
パーカッションのアンリちゃんにまたまたサポートしてもらいました。
素敵でした!♥
PB070121-s
最後は、全員で弥勒節を。
知らない人も知っている人もみんな心を合わせて一つになって手と手をつないで巻踊り。
この踊り方は波照間式の踊り。みんなで平和な弥勒の世を迎い入れるには一番ふさわしい気がします。 
PB070150-s
<Milk[弥勒]セットリスト>

弥勒世乞
No Nuke No Hate No War!!
島唄
平和の琉歌
アメージング・グレース
ヒヤミカチ
弥勒節

牧志治さんの辺野古の写真展でお会いしたジュゴン保護キャンペーンセンターさんのご縁で、「沖縄・辺野古に基地はいらない!命どぅ宝 団結祭り」に呼んでいただきました。
PA254880-s
初参加でしたが、あいにくその日は相方のメグさんの都合が悪く、ピンチヒッターでじんじんにギターで参加して貰うことになっていたのですが・・・。
なんとその3日前、まさかの39度超え発熱で、すわ入院か?というぐらい体調が落ち込んだじんじん。

この日の選曲が、西洋楽器無しでやるにはちょっとしまらない曲だったので、選曲から考えなおそうか・・とかいろいろ悩みましたが・・・・。
なんとか間に合わせて回復してくれました  ありがとう!
PA254881-s
ステージの青い背景は、キルティングパッチワークで作られたジュゴンが!

そして、軒先を借りたジュゴン保護キャンペーンセンターさんのテントの隣では
新藤健一さんが、青空草上写真展を!!
12039367_913298418750555_6112422525519113046_n-s
10406490_913298648750532_4026926440541496437_n-s
この方は報道写真家としては大御所で何十年も辺野古を撮り続けている方です。
辺野古大浦湾を撮っている写真家の写真を一堂に集めて銀座で写真展を2回開いていて、
私も2回ともおじゃましています。
今回、同じ区民同士だった!というのを再認識!!不思議で面白い方です。

辺野古大浦湾だけに棲みついている絶滅危惧種の中でも最も絶滅寸前の西太平洋北限のジュゴンが、人間の手で絶滅されようとしています・・。

でもジュゴンだけじゃないんです。
95%消失したと言われる沖縄本島の珊瑚礁ですが、奇跡的に残った素晴らしい珊瑚の群落と多種多様な生き物が暮らす豊かな海、それが辺野古の海なのです。

この素晴らしい海を埋め立て、核兵器までを格納する弾薬庫に巨大強襲揚陸艦が横付け出来る巨大軍港を1兆円という日本の税金でつくり、アメリカに差し出す。
普天間飛行場の代替と例によってごまかしていますが、全く別物の新たな軍事基地です・・・。

<セットリスト>
海は命の宝物
平和の琉歌
ヒヤミカチ
No Nuke No Hate No War !

※ヒヤミカチには、「戦場(いくさば)ぬ止み(とどぅみ )」で歌われた琉歌を挟んで歌いました。

第二火曜日恒例、ゆがふ投げ銭LIVEにご来場ありがとうございました‼
PA134646-s
 
最近、LIVEにすごく力を入れているゆがふです。
ビッグネームなアーチストさんもLIVEをするようになり、音響機器もどんどん進化中!
今月から新しいミキサーが入り、ライブハウスのような音響になってきました!
唄っててすご~く!気持ち良かったです!

ところで、この日に手売り開始した新作オリジナル手ぬぐい。
みんなかなり個性的な使い方をしてくれました!
PA134617-s
PA134688-s
PA134713-s
PA134689-s
こう来たか!と唸るばかりですが。↓すごい発想!!
PA134732-s
もう顔の一部と同化している!(笑)
PA134752-s
 なにやら怪しいダンスタイムになりましたよ!! (笑)
PA134728-s
思ってた以上にかなり楽しいオリジナル手拭い。500円!!

ところでこの日は、翁長知事による辺野古埋立て承認取り消しがされた日です。
凄惨な沖縄戦を含む江戸時代からの沖縄の苦難の歴史はおろか民主主義も理解しようとしない安倍政権。
これからあの手この手で潰しにかかるでしょう。
これからが本当の闘い。厳しい道であることは容易に想像出来ます。 

1部は、沖縄の海の事、基地の問題を少しでも知ってもらえたら・・。という選曲にしました。
2部は・・・。もうゆるゆるで(笑) 

<セットリスト>
1部
弥勒世乞
海は命の宝物
島々美しゃ
桃里節~川良山節
平和の琉歌
ヒヤミカチ 
NO NUKE  NO HATE  NO WAR!

2部
あがろうざ
鳩間節
童神
安里屋ユンタ
張り水のクイチャー
クイチャー踊り

アンコール
鳩間の港

ところでところで!!
来月のゆがふLIVE
はお店の都合により、第2火曜日ではなく
第2木曜日11月12日(木)になりましたよ~~~
是非、予定に入れておいてくださいね~!!

↑このページのトップヘ