Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Live Report

ドキュメンタリー「イザイホー」とMilk[弥勒]のLIVEにおいでいただきありがとうございました‼︎

今回で3回目となった映画祭ですが、沖縄にテーマを絞った映画にいろいろなLIVEパフォーマンスを4箇所の会場に分けての開催。
私達は第2回から参加させていただいていますが、今回は大盛況で着実にこの映画祭が喜多見と狛江で根付いて来た感じを受けます。
その日別会場で上映された「標的の村」は小さい会場に非常に大勢の来場者があり、立見も出たりで大変だったそうです。

主宰の高山さんや宇夫方さんは映画祭の準備に忙殺されつつ、自らも出演者になりながら4つの会場を飄々と駆けずり回り、いつも凄いなぁ…!と感心させられます。

プログラムもすごくキチンと制作されていて、私達milkもステキに紹介していただきました‼︎ありがとうございます‼︎
IMG_2525-s
実は年末痛めた声帯。
なんと声帯結節になってしまっていたのですが、このLIVEに照準を合わせリハビリしてましたが、まだまだ手強い。
通常より2度もキーを下げましたがそれでも歌える曲が限られてきます。
前日のリハでは何とか出た声も、当日のサウンドチェックでは声が後退してて、かなりどうなる事かと気をもみましたが・・・。
苦しいながらも何とか全曲歌いましたが、あ~~ホントに早く治りたい……>_<…

声帯が治りかけのLIVEではMCをひかえた方がいいとか、いろんな説があったのですが。
非常にテーマ性の高い映画祭でのLIVE、MC無しでは歌の思いとか背景とか伝わらない…
ハスキーボイスでのトーク、失礼いたしました!
P1311732-s
<セットリスト>
赤田首里殿内
弥勒世乞
海上節
アメージング・グレイス
豊年のあやぐ
海は命の宝物
イザイホーとは少し話がそれますが、沖縄は江戸時代までは琉球王国として海洋貿易国家として独立していました。
明治になってからの琉球処分(日本への併合)という歴史の中、その後の沖縄の歴史にどういうことがが起きたのか、単なる「青い海と青い空の癒しの島」ではない沖縄の問題や姿を私達本土の人間は知らなくてはならないと思います。
まずは、いろいろ知ってもらう事。そこからしか何も始まりません。
Milk[弥勒]は、この映画祭を応援しています!!

今年の風邪はしつこいです。
かれこれ風邪が1ヶ月くらい抜けてなかったのですが、22日のkyatプライベートLIVEの日にまた新たに風邪を上塗りした感があり、微熱と喉の違和感を治すべく禁酒と安静を保っていたのですが…

治り切らずに臨んだMilk[弥勒]のXmasLIVE。
こうなる予感はあったのです。 予感というか確信にも近かったのですが・・。
やはり・・。
時間を追うごとにあれよあれよと言う間に声が出なくなっていってしまったワタクシ…

かなり苦しい中唄ったのですが、聞いているお客様もかなりお聞き苦しかっただろうと思うと、
申し訳無い気持ちでいっぱいです。
こんなLIVEは生まれて初めてで、今もかなり凹んでいます。
凹みきっています・・・。(T_T)

でも、ステキな仲間に囲まれて過ごしたクリスマス、一緒に唄ってくれたり客席から応援をいただいてホントにホントに嬉しかった!心から感謝です。m(_ _)m

Milk[弥勒]の二人はそんなコンディションでしたが・・
そんな寒い中、LIVEに来ていただいて、そして沢山盛り上げていただいてありがとうございました!!
d05af845
<セットリスト>
1部
アメージング・グレース
海上節
島々美しゃ
鳩間節
弥勒世乞

2部
西村店長の「おじい自慢のオリオンビール」
前を向いて歩こう
だんじゅかりゆし
月ぬ美しゃ
てぃんさぐぬ花(断念!!)
海は命の宝物

急に寒くなってきました。
予約を入れてくれたお客様も何人か、「風邪ひいてしまって行けない・・・」という連絡が・・・

私も先週末、真冬のように冷え込んだ秋田に行って来たのでしたが、その時ちょっと風邪っぽくなっていて少し危ない感じ。
私の方は声帯がカラカラに乾燥して歌いづらいなぁ~って程度だったのですが、メグさんは見事に風邪ひきになってしまい、声がガラガラ・・・
「きっと、このLIVEが終わったら声がなくなるぅ~」と悲鳴をあげていましたが、果たして今日は如何に?
二部の方でやるオリジナル曲のコーラスの為に、できるだけ声を温存するメグさん。

風邪ひきのMilk[弥勒]の二人に比べて元気な笛のエリさん。
笛の音色も冴え渡っていました!
風邪の巣窟のような閉鎖空間の控えの間の中で、どうか風邪がうつらなかった事を祈ります!(笑)
S__6119459-s
Milk[弥勒]の二人はそんなコンディションでしたが・・
そんな寒い中、LIVEに来ていただいて、そして沢山盛り上げていただいてありがとうございました!!
感謝です!\(^o^)/
S__6119454-s
セットリスト
<1部>
鳩間節
あがろうざ
桃里節
赤田首里殿内
ヒヤミカチ
だんじゅかりゆし

<2部>
弥勒世乞
海は命の宝物
豊年のあやぐ
月ぬ美しゃ
クイチャー踊り
クイチャー

<アンコール>
鳩間の港

私達Milk[弥勒]の初のレコ初LIVEだった昨日のライブステーション。
ご来場ありがとうございました!!
いつも応援してくれている方々には心の底から感謝です!!
共演したアーチストさん達にもお初の方のアンケートにも「良かった」と暖かいお褒めのお言葉をいただき、とっても力をいただいた夜でした。
c0ce2cd1

ライブハウスでのLIVEはやっぱり音響もいいのは勿論ですが、ココの特徴は照明が綺麗なんです。
しかも、リハで演奏もしてない初めての曲なのに、サビの部分にドパっと照明が転換したり・・・と、いつも驚かされます。
ただし、バックライトがジリジリと真夏の沖縄の太陽の如く肌を突き刺します。
今回は特に暑かった~~汗ビッショリでした。(笑)
0f726203
87cf0df6

発売当日と言う事もあり、CDの曲の紹介を中心に演奏させていただきました。
<セットリスト>
1弥勒世乞
2安里屋ユンタ
3小浜節
4月ぬ美しゃ
5海は命の宝物
6豊年のあやぐ
552772fd

皆様、これからのLIVEでも売らせていただきますね!買ってね!(^_-)-☆

昨年から講師をさせて頂いているスマイルミュージックのご縁で、目黒のさんま祭りに模擬店とLIVEで参加させてもらってます。
有名なお祭りですが、模擬店となると天気に非常に左右される・・・
しかし、週間天気予報では、当日に天気が崩れる・・・
ということは前前日にわかっておりました・・・。
しかも、最高気温は23度??

冷え冷えオリオンビールもワインも泡盛ロックも冷やしきゅうりも・・・
すわ、全滅か??
唯一、ボイルドウィンナーのみ売れ線になるのか?
去年に引き続き模擬店は惨敗か?(昨年はツメが甘く大赤字でした)
などなど、かなり気をもんだ1週間でした・・。

実際天気は正直悪かった・・。
午前中は雨が断続的に降り、時には激しく降り・・。
サンマに並んだ方々はさぞかし大変だったかと思います。
そんな中、お越しいただいてありがとうございました!!!

そして、三線山学校の若手メンバー(一部シニアも)の奮闘と、
ご来場いただいた皆様方のお陰で、悪天にもかかわらず今年はちょっと黒字に!
9f8d8102

きゅうりの一本漬けもボイルドソーセージも残波泡盛カットスダチ入りも完売!!

学園祭のようなノリです。
スタッフも朝から飲みながらワイワイやってます。
そして、今年はお休み処を作りました。
ココが、居酒屋「Smile!Music」のようになり、いろいろなお客さんと交流出来て楽しかった~!
5fe1ad27

私もメグねぇも2時からLIVEがあるのですが、朝からビール飲みまくり・・・
こんなに酔っ払ってLIVEってどうなの~?っと二人で言いながら着替えに入り・・・
そして、セッティング時間が5分しか与えられていない中で、音響PAも自前持参のセットとステージカーのセットと、サウンドチェックも何も出来ないままのブッツケ本番。

大丈夫なんだろうか・・・・('д` ;)

・・という事で、ブッツケMilk[弥勒]LIVE。
・・・案の定、音響は決まらないわ、唄も演奏もワタクシ的には不本意な出来だったんですが
b8e52b4c

63d7bcdf

それでも、皆様楽しんでくれて、本当にありがたかったです。皆様の優しさに感謝です。
当初、スマイルミュージックスタジオのオーナーから盆踊りみたいにみんなで踊れるクイチャーを是非やって欲しい、というリクエストがあったのですが、クイチャーは雨乞いの唄。
このクイチャー、結構霊験あらたかで野外ライブに演奏してゲリラ豪雨になってしまった事もあり・・。
この天気でクイチャーをやるととんでも無いことに・・・

という事で、急遽曲目変更。
手拭いを使ったあの踊り。「鳩間の港」の替え歌「宮古の港」
宮古市からはるばるやってきたサンマは目黒のサンマになります。
きっと、また来る、来年も~~~♪
29fbcaa6

居酒屋「Smile!Music」で仲良くなった外人さんも飛び入りで前に出て踊ってくれました。
今年は悪天でしたが、と~っても楽しかったです!!
来てくれてありがとうございました!!!

セットリスト
1 弥勒世乞
2 豊年の唄
3 安里屋ユンタ
4 鳩間の港の替え歌「宮古の港」

↑このページのトップヘ