Milk[弥勒]Official Blog

琉球・八重山の唄をフィーチャーしたユニットMilk[弥勒]。ミルクと呼んでくださいね♪ 唄・三線 真田弥生、ピアノ・コーラス 木村恵でお送りする心地よい島唄をあなたにお届けします。

Live Report

平和な日本に生まれ育ち、あたりまえに日常が過ぎ、その中に様々な喜怒哀楽や事件事故はあれど「日常」というものの連続性に疑いを持たなかった自分。

どうやら世界は「平和」ではない。
あたりまえに笑ったり喧嘩したりしながらも過ぎていく「日常」は「戦争」というものによって突然かつ簡単に破壊される。

中東のパレスチナというと私達の世界から見れば遠い世界。
しかし、2000年の歴史を刻んできた国が1947年(今から71年前)に突如としてイスラエルという国が出来、そこに住んでいた人達は土地を奪われた。
それに抵抗するアラブ諸国。
その後中東戦争が何度も起き、周辺アラブ諸国や超大国のアメリカやロシア、英仏等も複雑にからみ、今や戦禍の絶えない場所となってしまった。

子供の頃はアラブ諸国は「アラビアンナイト(千一夜物語)」や「アラジンと魔法のランプ」のお話とともに、エキゾチックな憧れがあった。
しかし今おおかたの人はパレスチナと聞くとテロリスト、とか怖いとかというイメージ漬けなのではないでしょうか?
それはあまりにも片側だけのイメージなのだ、という事を私は高橋美香さんの写真で知った。
それでもパレスチナに木を植える [ 高橋 美香 ]
それでもパレスチナに木を植える [ 高橋 美香 ]
パレスチナの難民キャンプに通いながら、彼らと共に友情を積み重ね、彼らの何ら私達と変わらない屈託のない笑顔の日常。
またその笑顔の傍らにある現在進行系で進む悲しい現実も。

ある日突然違う国に支配されるという意味では、パレスチナも琉球王国だった沖縄も似ている。
明治政府は「武力」で琉球王国を併合し「沖縄県」を置いた。
琉球に続いて併合した朝鮮、台湾。
歴史は決して片側だけから見てはいけないものだ。

・・おっと!
ライブレポートの筈が思わぬ長文になってしまった・・

そんな事から、今月のTry&kyat Monthly Live は高橋美香さんのスライドトークに加え、パレスチナに初めて行ったカメラマンの山口勝則さんや、広島長崎の平和の火をパレスチナに届けるアースキャラバンというイベントを何度も主催してきたニッキー松本さんなどのゲストのクロストークに加え、音楽陣。

アラブのギター「ウード」奏者、荻野仁子さんの音色が何ともエキゾチックで。
「アラビアンナイト」にふさわしいスタートを切った。
W450Q75_ソロライブ用 お猪口制作_9
そして、今回はMilk[弥勒]も3曲オリジナル曲を歌いました。
特に、新曲「No Border」はこの夜のテーマにはワタクシ的にはズバリなだけに熱唱・・させていただきました・・
W320Q75_IMG_6578
そして、kyat。「Colors」という唄でみんなで輪になって手を繋いで終わり・・・
最後のセッションでは高橋美香さんの映像と共に全員で「太陽の向こう側」を。
ウードの旋律がぐっと迫ってきました。
W500Q75_ソロライブ用 お猪口制作_6
最後は全員で。ありがとうございました!!!
W500Q75_ソロライブ用 お猪口制作_3

最後に新曲「No Border」の歌詞をのせておきます。


No Border

作詞 真田 弥生
作曲 木村 恵

境界線が見えなくする
人の心 人の痛み 人の叫びを
境界線が引きちぎる
森の命 海の命 人の命を

人がつくる見えない壁
黄色いラインの向こう側
そのまた向こうらにあるものはなに?

No border 共に生きよう
人と人の垣根をなくそう
No border 共に生きよう
国と国の垣根をなくそう
この星から戦争(いくさ)が無くなるように

歴史の中にあった悲劇
無くならない 消せやしない 忘れられない
立場変われば違って見える
大切なもの 心の誇り 守りたいものを

見えないふりをやめてみよう
相手の心の痛みを
わかち合える人になりたい

No border 共に生きよう
傷つけていいものなど何も無い
No border 共に生きよう
心の中の垣根をなくそう
全ての人が 誰かの大切な人

No border No border
No border No border
No border 共に生きよう
人と人の垣根をなくそう
No border 共に生きよう
国と国の垣根をなくそう
この星から戦争(いくさ)が無くなるように
優しい愛が溢れる星となるように

アースディ東京の沖縄平和企画 One Peace Okinawaに参加して2年目になりました。

同じ方向で沖縄を見る個人や団体が集まって始まった企画でしたが、去年は初対面の方が多かったのですが、2年目となると一体感もノウハウも積み上がってきました!
W500Q75_31180183_2113431698671917_4591798534493876010_n
定期的に集まって展示や企画の方向性を話し合い、展示する内容やトーク&LIVEにどんな方をお呼びするか、など詰めてきました。

今年はテーマを「伝えたい、沖縄のこと」とし、本土の人があまり知らない、あるいは目をそむけてきた沖縄の基地問題を扱う事にし、どうやったら自分事として考えてもらえるか?と、あれやこれやみんなで考えて手分けして手作りでの制作物や展示物。
まさに大人の文化祭。

東京都ほどの沖縄県に集中する米軍基地の大きさ、それに付随する事故や事件の多さ、そこに日米地位協定が横たわる現実。
実際に地図や東京都の地図に今埋め立てが強行されている辺野古の新基地の大きさを置いてみたり、と。
またライブで出演していただいた豊岡マッシーさんが作った地図もすごくわかりやすくて、お陰様で展示の説明に、みんな一様に「えーこんなに??」という驚きを身近に感じていただくことが出来ました。(マッシーさん、ありがとう!) 沖縄米軍基地面積
W500Q75_アースデイ20180421-22_27
(豊岡マッシーさんのライブ)

またそしてトーク&ライブの内容、ぜひともお話が聞きたい登壇者の方もOne Peace Okinawa メンバーの人脈をたどりお願いしたらみなさま快く話を受けていただき、素晴らしく豪華な出演陣となり、2日間とも充実したトーク&ライブでした。 登壇者、出演者の方々、ありがとうございました!!

今年は大きく変わった所は、スクリーンとプロジェクターが用意できたこと。
(昨年のOne Peace Okinawaはこんな感じでした。)
これにより、トークLIVEの幅が広がりました!
去年は写真をご提供いただいただけだったのですが、今年は中村卓哉さんにスライドトークショーをお願いすることが出来ました!
W500Q75_P4220070
そして、ゆしぐとぅ上映とライブでご一緒させていただいた以来の、若き現役大学生の映画監督、仲村りゅうごさんとのトークとショートムービー上映(Part1は大人との対談、Part2は首都圏の現役大学生と沖縄の基地問題について語り合う)企画で、今の沖縄の若者、日本の若者の平和に対する考え等を聞き・・
W500Q75_アースデイ20180421-22_33
W500Q75_アースデイ20180421-22_31
そして、Acoustic LOOSE RIDERのお二人!かっこよかった~!!

W500Q75_アースデイ20180421-22_36

そして、Milk[弥勒]はトリのライブをやらせていただきました!!
W500Q75_アースデイ20180421-22_38
W500Q75_P4220474
なんと、ライブが終わってから、中村卓哉さんのお父様、中村征夫さんが登場~
「な~んだ、終わっちゃった~」と。 せっかくなので記念にパチリ。
W500Q75_1
しかしよく考えたら、この中村征夫さんの写真集「白保SHIRAHO」の波紋が広がり、空港建設で埋め立てられようとした絶滅危惧種の海の宝石「青珊瑚」を守ろう、という運動が起こり、空港建設の方向を変えた。
そして、卓哉さんは大浦湾の3000年かけて成長した青珊瑚の大群落を紹介している。
DNA!!

実は紹介した登壇者は二日目で、1日目もものすごく濃くてプロフェッショナルな方々のトークがあり、紹介したいのですが、ちょっと力尽きたので誰か他の方に紹介して貰うことにします。

音楽、写真、ドキュメンタリー映画、ドキュメンタリー小説、演劇、映画。 いろんな表現があるけど、自分の出来る事で志を同じくする人達を1人が1人つないでいくことが、結果大きな力になるんじゃないかな~なんて思ったり気づかせてくれたりした二日間でした。

<セットリスト>
21日
みるくのテーマ
屋嘉節 
ヒヤミカチ 
地球どぅ宝
世乞い唄 
No Border 
海は命の宝物 

22日
No Nuke No Hate No War!
世乞い唄 
ヒヤミカチ 
地球どぅ宝 
だんじゅかりゆし
No Border 
海は命の宝物 
カチャーシー
W500Q75_アースデイOPO20180421-22_17
ご来場、ありがとうございました!!!

いつも豪華コース料理&飲み放題を提供してくれるFU-KUさんと、お友達であり名幹事であるとたみん夫妻のはからいで、春夏秋冬と年4回のMilk[弥勒]ライブも、お陰様で8回目となりました!!
満員御礼でした。ありがとうございます!!
Collage_Fotor
大好評のお料理は、四季の新鮮な旬の食材を取り入れた趣向を凝らした創作料理のコース料理。
会の最初に幹事のとたみんからそのコース料理のメニューを発表した段階から、ゲストのテンションが最高にあがっちゃいました!(笑)
・・で、お陰様でなんと1部の1曲めからすごいハイテンションでスタートし、はじめてこの宴にいらっしゃったお客様はそのハイテンションぶりにいささか戸惑った方もいらっしゃいましたが、そのテンションが途切れること無く終わりまで続き・・・
W500Q75_P2240773
私はいまだかつて無いひどい結膜内出血で片目が真っ赤っ赤。
見苦しい顔を申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、全くそんなことなど忘れてしまうくらい楽しくて、ものすごい元気をゲストのみなさまからいただきました!!
ありがとうございました!!
W500Q75_30740078_1501028213360121_896303792855711744_n
そして、このライブの日当日がお誕生日のこの方。
昨年大変な大怪我をされて、果たしていつ回復されるのか?と心を痛めていたのですが元気に1年ぶりにFU-KUライブに参加されて踊っていられる姿を見て、本当に良かった!
そしてみんなで誕生日をお祝いできてよかったと思いました!

人生生きてると、いろんな事があるけど、仲間がいれば怖くないですね!
そんな気持ちで唄った「みんなで歌おう!」コーナーは
「上を向いて歩こう」の替え歌で「前を向いて歩こう」!

そして、今回本邦初公開の新曲「No Border」
差別やヘイトを無くしてこの地球上から戦争をなくしたい。
・・という願いを込めて作った歌。
これからもっともっと歌い込みますです。精進します。

そうそう、また最後のクッキーケーキが更に進化!
沖縄シリーズでヤンバルクイナや花笠、チョンダラーや懐かしのゴーヤーマンまで!!
このバリエーションをFU-KUオーナーの妹さんがパティシエで、一つ一つ作っています。
これ、もう芸術です!いつも食べるのがもったいない・・
W500Q75_30710397_1594293200686774_5664370473980439490_n

来てくれたみなさま、本当にありがとうございました!
W500Q75_P2240778
そして、この素敵なお二人にも大感謝。
W500Q75_P2240791
ありがとうございました!!

次回、FU-KU夏の宴は7月18日(水)となります!!
FU-KUの素晴らしい料理とともに、また楽しく盛り上がりたい~!!

<セットリスト>
1部
赤田首里殿内
世乞い唄
豊年の歌
地球どぅ宝
海は命の宝物
No Border
与那国ぬ猫小

2部
月ぬ美しゃ
祝節~めでたい節
ハッピーバースディ
前を向いて歩こう(みんなで歌おうコーナー)
安里屋ユンタ
カチャーシー

鳩間の港(Enc)

昨晩は毎月第2火曜日恒例の目黒ゆがふLIVEでした!
ここは大きいお店なので、Milk[弥勒]もいつもの2人に加えて笛エリさんと島太鼓シノさんを加えたデラックス4人バージョンでやっております。
そして、お店が大きい・・ということは、廻れる!
クルクルと何かと楽しい踊りも出来るのでございます。
W500Q75_20180410ゆがふ_5
普段はもう少し小さなスペースでの演奏が多いので、最後の踊りタイムはカチャーシーで終わることが多く、クイチャーも鳩間の港もなんだか久しぶりに演奏した感が~
もう何番まで唄ったかわからなくなってきてかなり長く唄っちゃったらしい・・。
みなさま、お疲れ様でした!

ちなみになにげに女子は新衣装。
W500Q75_20180410ゆがふ_2
ありがとうございました!!!!
W500Q75_Collage_Fotor
<セットリスト>
世乞い唄
赤田首里殿内
No Nuke No Hate No War!!
古見の浦
みるくのテーマ
魚湧く海

海は命の宝物
安里屋ユンタ
カチャーシー
クイチャー
Enco
鳩間の港

来月の目黒 ゆがふLIVEは5月8日(火)です!!
是非遊びに来て下さいね!(o^∇^o)ノ

素晴らしいアーチスト815昨年の川崎のゆんたくで出会いました。
若いご夫婦でやられているバンドなのですが彼らの音楽は力強くもハートフル。
一度聴いたら、絶対好きになるバンド~!

そんな彼らに、呼んでいただきました。
815presents『ROLLING vol.8~繋~』
縁を感じたミュージシャンの方々を繋ぎたい~という事で8回目になるそうですが、このイベントも2年半ぶりだそうです。
もともと彼らは幡ヶ谷で36°5というライブハウスを経営されているのですが、今年は10年目だそうです!!
(バンドを10年続けるのも大変ですが)さらにお店を10年続けることの難しさ大変さは並大抵の事ではないです。

今回は、その「815-ハチイチゴ-」と、これまたフルートを吹きながら歌うシンガーソングライターの松岡里果さん。この方のパフォーマンスも素晴らしかったぁ~~!!
若いミュージシャンの二組が言われていた事、年をとってもずっとずっと唄っていきたい!と。
(決して若くはない私達ですがそういう意味で私達もシアワセです。歌える限り歌いたいな~)

ライブハウスで、対バンの2組は沖縄音楽ではないし、セットリストにオリジナル曲の他は民謡系も入れるにしろ、琉球POPS系のカバー曲を入れたほうが良いかなぁ~?と直前まで迷っていたのですが、815のノブさんに、「コテコテの沖縄がいい!」という事になり・・

・・結局コテコテ路線でいかせていただきました。(笑)
W500Q75_IMG_6453
この場で松岡里果さんや815を聞きに来たお客様にコテコテの沖縄やっちゃって、いいのかなー
なんてちょっとドキドキだったんですが、とっても盛り上がってくれてよかったです。(ホッ)
3組終わって最後は「満月の夕」をセッション。
ソウルフラワーバージョンとHEAT WAVEバージョンのミックス!
縁が繋がり音で繋がりました!
楽しかった~~~~


海繋がり沖縄繋がりで出会った815につなげていただいたこの場。
「海は命の宝物」から歌いました。
今の沖縄のサンゴの現状と最後に残された珊瑚の楽園大浦湾を潰して基地が出来ること。
一人でも多くの人に伝えたいことを唄いたい。
「初めて知った。ショックだった。」と声をかけてくれたお客様。本当に嬉しかったです。

最後はみんなで「たのシーサー!!」(もう着替えちゃったけど)
W500Q75_IMG_6447
そして、もう一つ嬉しかったのは、ワタクシが会社員時代に同僚だった方が来てくれて、とっても懐かしかった!
同じ会社の同僚だった人も今ではそれぞれ全く違う人生を歩んでいるはずなのに、お互いあの頃とまるで変わってない。笑っちゃうくらい変わってなくて時間が止まったようでした。
W500Q75_IMG_6450
早速、こちらの幡ヶ谷36°5の次回のLIVEが決まりました!
6月3日(日)です!! 幡ヶ谷駅北口より徒歩1分!駅近です!
よろしくお願いいたします~!!
W320Q75_IMG_6451

<セットリスト>
海は命の宝物
ヒヤミカチ
中作田~繁盛~とぅまた
地球どぅ宝
安里屋ユンタ
与那国ぬ猫小
世乞い唄
<セッション>
満月の夕

↑このページのトップヘ